トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
106位
アクセスランキングを見る>>

モーム27:文章の改善

(大意)
わたしはこれ以上改善の余地はないという地点まで達したページを数えるほどしか書いたことはなく、はるかに多くを不満足なまま放置してきた。というのは、試みたとしても、それ以上のものにする手立てを持たないからである。わたしはジョンソン博士がポープについて語った「かれは無関心から誤りを修正せずに放置したり、絶望してやめたりするようなことは一度たりとてなかった」という言葉を自分にあてはめることは到底できない。わたしは自分の望むとおりではなく、できる限りのところで書いている。
(サミング・アップ 第13章)

I have written few pages that I feel I could not improve and far too many that I have left with dissatisfaction because, try as I would, I could do no better. I cannot say of myself what Johnson said to Pope: ‘He never passed a fault unamended by indifference, nor quitted it by despair.’ I do not write as I want to; I write as I can.
(The Summing Up, ch.13, p.40)




このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム26:英語の文法と散文


(大意)
英語の文法は非常に難しく、作品の中で誤りから逃れることがきた作家はほとんどいない。ヘンリー・ジェイムスのような非常に注意深い作家ですら、学校の教師が自分の生徒のエッセイの中で見つけようものなら髪をかきむしりそうな文法を無視した文章を時おり書いている。

文法を知ることは必要であるし、文法的に正しく書くことはそうしないよりましではあるが、ただし、そもそも文法というのは一般的な話し言葉を定式化したものにすぎないことをよくよく念頭においておくべきである。用法というのはたんなる判断基準にすぎない。

わたしは文法的に正しい表現より、平易で簡素な表現を好む。フランス語と英語の違いのひとつは、フランス語でまったく自然に文法的に正しく書くことができるが、英語ではそうはいかないということである。
(サミング・アップ 第13章)

English grammar is very difficult and few writers have avoided making mistakes in it. So heedful a writer as Henry James, for instance, on occasion wrote so ungrammatically that a schoolmaster, finding such errors in a schoolboy’s essay, would be justly indignant. It is necessary to know grammar, and it is better to write grammatically than not, but it is well to remember that grammar is common speech formulated. Usage is the only test. I prefer a phase that is easy and unaffected to a phrase that is grammatical. One of the differences between French and English is that in French you can be grammatical with complete naturalness, but in English not invariably.
(The Summing Up, ch.13, p.39)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム25:散文のための土壌


(大意)
ロココ時代がその優雅さと節度とともに最高度の洗練に達したとき、もっとも優れた散文が現れたのは偶然ではない。バロックがおおげさになりすぎ、世界がその途方もなさに疲れてはてて抑制を求めたとき、ロココが発展した。

それは市民的な生活に重きを置く人の自然な表現である。ユーモアと寛容さと常識は、17世紀前半の偉大で悲劇的な事柄への傾倒を過剰なものとみなした。

世界はより住みやすい場所であり、おそらくそれまでの数世紀間ではじめて、教養ある階級がくつろいで娯楽を楽しめるようになっていた。良い散文とは、教養ある男性の会話に似ているといわれたことがある。

会話というものは、男の心が差し迫った心配事から解かれているときにはじめて可能となるものである。そのためには生活が適度に安全で、魂に重大な関心を持つ必要がなくなっていなければならない。文明の進歩の重要性を認めていなければならない。

礼儀を重んじ、身なりに関心を持ち(良き散文とは趣味の良い男性の服装――控えめで場所にふさわしい――に似ているともいわれていなかっただろうか?)、退屈を恐れ、軽佻浮薄ではなく、かといって謹厳荘重でもなく、いつも時を得ている。「熱狂」に対して批判的な目を向けている。

これらは散文に非常に適した土壌なのである。こういったことが現在のわれわれが読むことができる最良の散文作家ヴォルテールの出現にふさわしい機会を与えたことは驚くにあたらない。
(サミング・アップ 第12章)

It is not an accident that the best prose was written when rococo, with its elegance and moderation, at its birth attained its greatest excellence. For rococo was evolved when baroque had become declamatory and the world, tired of the stupendous, asked for restraint. It was the natural expression of persons who valued a civilized life. Humour, tolerance and horse-sense made the great tragic issues that had preoccupied the first half of the seventeenth century seem excessive. The world was a more comfortable place to live in, and perhaps for the first time in centuries the cultivated classes could sit back and enjoy their leisure. It had been said that good prose should resemble the conversation of a well-bred man. Conversation is only possible when men’s minds are free from pressing anxieties. Their lives must be reasonably secure and they must have no grave concern about their souls. They must attach importance to the refinements of civilization. They must value courtesy, they must pay attention to their persons (and have we not also been told that good prose should be like the clothes of a well-dressed man, appropriate but unobtrusive?), they must fear to bore, they must be neither flippant nor solemn, but always apt; and they must look upon ‘enthusiasm’ with a critical glance. This is a soil very suitable for prose. It is not to be wondered at that it gave a fitting opportunity for the appearance of the best writer of prose that our modern world has seen, Voltaire.
(The Summing Up, ch.12, p.37-38)




このエントリーのタグ: Maugham 引用句 The_Summing_Up

モーム24:散文とは


(大意)
よい散文を書くことは、良き作法に関する事柄である。散文は、韻文とはちがって、市民的な芸術である。詩はバロックである。バロックは、悲劇的で、重厚で、神秘的である。それは根本的である。深さと洞察を要する。……散文はロココ芸術である。力よりも趣味を、ひらめきよりも秩序を、華麗さよりも活力を要求する。
(サミング・アップ 第12章)

To write good prose is an affair of good manners. It is, unlike verse, a civil art. Poetry is baroque. Baroque is tragic, massive and mystical. It is elemental. It demands depth and insight. …… Prose is a rococo art. It needs taste rather than power, decorum rather than inspiration and vigour rather than grandeur.
(The Summing Up, ch.12, p.36-37)





このエントリーのタグ: Maugham 引用句 The_Summing_Up

モーム23:書くことは苦労しなければ習得できない繊細な技術である


(大意)
しかし書くことは私にとっては息をするのと同じくらい自然で本能的なことで、うまく書けているかどうかには常に注意を払っていた。数年たって書くことは苦労しなければ習得できない繊細な技術であることがわかってきた。書こうとするといつも困難を感じていたのである。会話ならば流れるように書くことができるが、地の文を書く段になると、非常に苦しんだ。二三行書くのに数時間を要し、どうやってもうまくいかなかった。

わたしは書き方を独学で学ぶことにした。不運なことに助けてくれる人がだれもいなかった。わたしはたくさんの失敗をした。先ほど述べた魅力的な教授のような人がいて導いてくれたら、たくさんの時間を節約できただろう。そういう人がいれば、わたしの才能の特性を把握し、それに沿って伸ばしていくよう助言してくれたことだろう。適性のない方向に向かって試みても無駄だからである。
(サミング・アップ 第9章)

But to write was an instinct that seemed as natural to me as to breath, and I did not stop to consider if I wrote well or badly. It was not till some years later that it dawned upon me that it was a delicate art that must be painfully acquired. The discovery was forced upon me by the difficulty I found in getting my meaning down on paper. I wrote dialogue fluently, but when it came to a page of description I found myself entangled in all sorts of quandaries. I would struggle for a couple of hours over two or three sentences that I could in no way manage to straighten out. I made up my mind to teach myself how to write. Unfortunately I had no one to help me. I made many mistakes. If I had had someone to guide me like the charming don of whom I spoke just now I might have been saved much time. Such a one might have told me that such gifts I had lay in one direction and that they must be cultivated in that direction; it was useless to try to do something for which I had no aptitude.
(The Summing Up, ch. 9, p.23)





このエントリーのタグ: Maugham 引用句 The_Summing_Up

モーム22:弁舌の才と考える力


(大意)
かつてわたしは政治家はその輝かしい地位をたんなる弁舌の才から得ているのだと思っていた。というのは民主国家で権力ある地位に登るためには、大衆の耳目を集めることなしには、ほとんど不可能だからである。そして弁舌の才というものは、ご承知のとおり、かならずしも考える力を伴っているわけではない。
(サミング・アップ 第1章)

At one time I was inclined to think that they owed their illustrious position only to their gift of speech, for it must be next door to impossible to rise to power in a democratic community unless you can catch the ears of the public; and the gift of speech, as we know, is not often accompanied by the power of thought.
(The Summing Up, ch.1, p.3-4)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム21:絵を画くことから学んだこと

イギリスに帰った時、ケアリー叔父の、画家修業時代にパリで何を学んだかという問いに答えて、

(大意)
「ぼくは、手を見ることを学んだ。それまでそれを見ていなかった。また、ただたんに家と樹を見るのではなく、空を背景として見ることを学んだ。そして、影というものは単なる黒なのではなく、色があるんだということを学んだ。」

(人間の絆 第52章)

‘I learned to look at hands, which I’d never looked at before. And instead of just looking at houses and trees I learned to look at houses and trees against the sky. And I learned also that shadows are not black but coloured.’
(Of Human Bondage ch.52, p.254)





このエントリーのタグ: 人間の絆 引用句 Maugham

J2 第32節 アビスパ 0-1 愛媛

HOME
レベルファイブスタジアム

0-1 45+1分 丹羽(愛媛)

なんだかすっかり勝てなくなってしまいましたねえ。
またもやホームで惨敗。
首位湘南とは勝点差10と離されて、3位長崎との差も1になってしまった。

次節はロアッソ熊本。
相性の良いアウェイ(!)なので、期待できる。

焦ってもしようがないので、そのうち勝てるようになるでしょう。


金子光晴2:女の魅力


女の浮気と魅力とは背なか合せに微妙に貼付いていて、どちらをなくしても女は欠損する。欠損した女はいくら貞淑でも、茶碗のかけらほどの価値もない。
(どくろ杯 p257)





このエントリーのタグ: 引用句 金子光晴

金子光晴1:「の」の連続


しばらくたつと、焼けのこった牛込赤城元町の崖下の小家の玄関わきの三畳間の私の部屋に、尾羽うち枯らしたような姿で、焼け出された人たちがやってきては、裏の出入り口からのぞきこんだ。
(どくろ杯 p12-13)




このエントリーのタグ: 引用句 金子光晴

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

カテゴリー

読んでいる本

レビュー