トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
16位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリ:Soccerのエントリー一覧

  • 第3節 浦和 2-0 アビスパ

    興梠に2発やられた。3戦して未勝利。ついに最下位に。だが、先は長い。まだまだこれからだ。...

  • 第2節 アビスパ 1-1 横浜

    ホーム開幕戦。ウェリントンで先制するも、終了間際の中村俊輔の一撃でドロー。あれは仕方がない。2節を終わって15位。...

  • 第1節 鳥栖 2-1 アビスパ

    開幕戦が鳥栖戦とは。豊田に先制を許した時点で勝負あった感。しかし、ウェリントンが得点できたのは良かった。第1節を終わって10位タイ。...

  • 松本市の夜

    その夜は同僚と二人で、遅くまで松本市内で飲んだ。最後にはいった料理屋で、ちょうどU-23のオリンピック・アジア最終予選準決勝の日本-イラク戦をやっていた。客はわれわれだけだったが、始まる寸前、二人組のサラリーマンが入ってきた。ひとりは常連さんらしく、もう一人は仕事上のお客さんなのかもしれない。結局われわれ4人と店主で、この試合を最初から最後まで観戦することになった。試合はみんなが知っているとおり、1-1の...

  • 松本市での話

    1月に行った松本の話の続き。仕事が終わったあと、相手側から「アビスパ昇格ですね」と声をかけられた。お礼をいうと、「アビスパには思い出があります」と女性スタッフが笑顔で話しかけてきた。どんな思い出なのか聞いてみると、「2014年に松本山雅がJ1昇格を決めた試合が、アウェイのアビスパ戦だったんです」福岡まで応援に来たのかどうかは聞かなかったけれども、記録を見ると、たしかにそのシーズンの第39節、レベスタでアビ...

  • プレーオフ決勝 アビスパ 1-1 セレッソ

    なんという劇的なゴール。決めるべき選手が決め、昇格すべきチームが昇格した。完璧な結末。...

  • プレーオフ準決勝 アビスパ 1-0 長崎

    これで9連勝。今思うと、よくもこれだけ勝てたものだ。この間の得点は23。失点はわずか3。0封の試合が7試合。4得点の試合が4試合。平均得点2.6点で、得点不足に苦労したシーズン前半から中盤がウソのような破壊力。まさに圧倒的強さだった。でも、勝ち続けている頃には、そんなことは思ってもみなかったな。目の前の試合に勝利することが大事で、余計なことを考えるどころではなかった。強いチームとは、そんなものなのかもしれな...

  • 第42節 岐阜 1-4 アビスパ

    大分が磐田に1-1の同点に追いついた最後の一分間だけ、アビスが二位に浮上したが、ロスタイム小林の決勝弾で磐田が勝ち、磐田の自動昇格とアビスパの3位が決まった。まあ仕方がない。最後の10試合を9勝1分、勝点28というかってないハイペースで追い上げたが、この間の磐田も7勝3分で勝点24。その差を4しか詰めることができなかった。磐田も粘り強く勝ち続けていた。素直にその昇格を祝うべきだろう。ちなみに大宮は5勝2敗3分けで勝...

  • 第41節 アビスパ 1-0 愛媛

    大宮が勝利して勝点83。昇格と1位が確定した。残る自動昇格枠は1枠。磐田が引き分けて勝点79。アビスパも7連勝で勝点79。ようやく並んだ。後は得失点差。磐田 28福岡 235点の差。それにしてもアビスパの快進撃は素晴らしい。恐ろしいくらいだ。7連勝の前は、一分けを挟んで3連勝だから、ここ11試合で、10勝1分。勝点31の荒稼ぎ。その前も1敗を挟んで2連勝しているので、ここ14試合で12勝1負1分。勝点は37。勝点79の半分近くを稼...

  • 第40節 群馬 0-4 アビスパ

    もうだいぶ前になってしまったが、ザスパ戦。これで6連勝。大勝するも、2位磐田との勝ち点差変わらず。...

  • 第39節 アビスパ 4-0 横浜

    大勝。そして5連勝。中村北斗が連発。坂田、平井、酒井が得点。ただし金森と城後の故障が心配だ。先に勝って、後で行われたヴェルディ・磐田戦に期待を寄せたのだが、ヴェルディはPKを止められた上、一人少ない磐田に0-3の大敗。大宮もしぶとく勝って、勝点差は、それぞれ6と2で変わらず。勝つしかないのだが、なかなか厳しい。...

  • 第38節 徳島 0-3 アビスパ

    中村北斗のゴールが嬉しい。これで4連勝。3位を堅持。残り4試合。ほんとうに行けそうな気がしてきた。プレーオフ進出確定だけれども、だれもそれでは満足していないだろう。もう一歩。一挙に行ってしまえ!...

  • 第37節 アビスパ 4-2 栃木

    3位を堅持。2位磐田との勝点差2。どう考えても、最後の2失点目はもったいない。あれさえなければ、得失点差を3を広げて、12にすることができたのに。磐田は3-0で勝ったので、磐田の得失点差は21。向こうが21で、こっちが11。まだまだ大きな開きがある。だが最後の最後では、こうした数字も重要な要素になってくる可能性がある。詰められるとき詰めておくべきで、逆に差がついてはまずい。残り5試合。次節は徳島。難敵ではあるが、...

  • 第36節 アビスパ 1-0 千葉

    千葉に勝利!3位を堅持。それよりも2位磐田が引き分けたので、その差が2に詰まった。いよいよ自動昇格圏まであと一歩。この6戦で5勝1分け。ヴェルディ、セレッソ、千葉に2勝1分けとは、望外のデキ。いや、ラストスパートがかかってきた感じだ。2、3試合以内には、2位に浮上できるのではないか。...

  • 第35節 セレッソ 0-1 アビスパ

    セレッソを撃破。ついに3位浮上。これで今季、セレッソに2勝。磐田に3勝。3位は、ある意味当然の位置。それにしても強くなったものだ…...

  • 第34節 アビスパ 0-0 ヴェルディ

    他の人のブログは見にいっていたのだが、忙しいのにかまけて、自分のを書くのを忘れていた。5位ヴェルディとの対戦は、チャンスはあったものの、引き分けに終わる。4位を堅持。...

  • 直近5試合(29-33節)

    上位陣は、好不調がはっきり分かれた。次節アビスパが戦うヴェルディは、ここ5試合で1勝4敗。一時期の勢いはない。次に戦うセレッソは4連勝中。磐田を追い越す勢いだが、けが人も多い。アビスパも3連勝中で勢いに遜色ないので、互角の戦いはできるのではないか。いや、今期の対戦では、こっちが勝っているんだった。次も勝て!下位では、岐阜が5試合で4勝1敗。急上昇中。大分も2連勝中。ひょっとすると、15位群馬あたりまでヤバイ...

  • 第33節 熊本 0-1 アビスパ

    引き分けもやむなしかと思ったら、後半83分、金森がGKにひっかけられて、PK。ウェリントンが決めて、なんとか勝利。辛勝だったが勝ちは勝ち。3連勝。これで4位浮上だ。この勝ちは大きい。5位ヴェルディが敗れ、6位愛媛と勝点52で並ぶ。アビスパは勝点57となり、5の差がついた。アビスパが2連敗して、ヴェルディ、愛媛がともに2連勝しないと、追いつけない数字。残り9試合しかないので、アビスパのプレーオフ圏内に入ることがほぼ確...

  • 直近5試合(28-32節)

    ここ5試合で勝点9以上は赤。勝点4以下は緑。大宮はここ5試合で1勝。ここにきての急ブレーキはまったく予想外。というか、大宮らしいといえばいえる。現在好調は3位のセレッソ。4連勝で磐田との差を詰めてきた。とはいえ、玉田のケガの影響はどうだろうか…。4位のアビスパは、好調とは到底思えないが、なんとかこのペースを維持して最後までいってもらいたいところ。愛媛、徳島はずっと元気。愛媛はともかく、徳島がプレーオフに届...

  • 第32節 アビスパ 2-1 札幌

    中原のPK失敗、またもや疑惑のジャッジによる得点取り消しなど、いろいろあったが、最後は末吉のゴールで逆転。2連勝で4位に浮上した。なんだかんだいっても、結構しぶとく安定感のあるチームになってきた気がする。残り10試合。プレーオフ進出は間違いないところ。できればさらに上を目指したい。...

  • 第31節 讃岐 0-1 アビスパ

    第30節の岡山戦敗戦後に、リーグ中断期間に入り、その間に行われた天皇杯では、東海大学熊本に3-0、ジュビロ磐田に1-0で勝っている。そして、この讃岐戦でも勝利。公式戦3連勝。中断期間をうまく使うことができたということだろう。ただ試合の方は、スレスレの勝利。中村航輔のPK阻止が大殊勲。なかなか楽には勝てない。...

  • 第30節 岡山 1-0 アビスパ

    上位に勝っても、下位に負けたら何にもならん。磐田には2試合とも勝って、岐阜や水戸や大分に引き分けるとか、岡山に負けるとか、意味不明だ。なぜこんなふうになるかといえば、真の実力がないから、それにつきるわけだが。ロスタイムの失点。ああ悔しい。5位は変わらないが、下との差が、また詰まってきた。...

  • 直近5試合(25-29節)

    ここ5試合で勝点9以上は赤。勝点4以下は緑。大宮9連勝ならず。止めたのは愛媛。これで4連勝。9位から6位にジャンプアップ。4連勝の前は、引き分けをはさんで、水戸と熊本に0-2で連敗してたのに。よくわからんチームだ。監督は、以前千葉を率いて木山監督。大宮を破るぐらいだから、要注意だ。5連勝中のヴェルディも、小林監督率いる徳島に敗れたものの、ヴェルディやアビスパなどの上位陣は、2位磐田と7位千葉を除き、好調だ。2位...

  • 第29節 アビスパ 2-0 磐田

    磐田に快勝。順位は5位と変わらないが、2位に勝点差3と迫った。この勝ちで、今週一週間、心安らかに過ごすことができる。アビスパの勝ち負けは、その週のメンタルに大きな影響を与える。勝てば一週間はなんとなく幸せに暮らすことができる。仕事の悩みはいろいろあるが、不思議にストレスは感じない。負けると、なんとなく気分が悪い。不機嫌になり、飯もまずい。人に当たりたくなる。成績の悪いシーズンは、なるべくこのチームか...

  • 直近5試合(24-28節)

    ここ5試合で勝点9以上は赤。勝点4以下は緑。大宮は8連勝。第20節でヴェルディに0-2で負ける前も、12戦して10勝2分け。つまり、ここ21戦で18勝2分1敗。もはや手がつけられない。昇格は確定的。磐田は、今節、下位に低迷する京都を3回リードして、3回とも追いつかれるというブサイクな試合をやってしまった。弱くはないのだろうが、スキがたくさんありそうなチーム。アビスパは次節その磐田と対戦だが、勝てれば、ひょっとしたら自動...

  • 第28節 金沢 0-1 アビスパ

    3試合ぶりの勝利。華麗な得点とはいえないけれども、一点は一点。あの場面でボールを上げた田村選手の好判断と、相手DFを弾き飛ばしたウェリントンの体の強さ。これで5位に浮上。...

  • 直近5試合(23-27節)

    好調なチームとそうではないチームがはっきり分かれて来た。ヴェルディは4連勝で、磐田に追いつきかねない勢い。4位セレッソまでが好調なので、勝点が伸びない5位金沢、6位アビスパとの差が開いてきた。次節はその金沢とアビスパの対戦。前回0-2で敗れているので、ぜひ勝ってほしいところだが、はたして。下位で好調なのが、熊本、徳島、水戸。そして大分。監督が代わる前にあたっていればなあ。一時好調だった札幌は悲惨なことに...

  • 第27節 アビスパ 1-1 大分

    失点は、堤選手の自陣での不用意なパスから。こういうシーンはなんか前にも見たような気がするなあ。下位チーム相手とはいえ、一点を先制されては、アビスパとしては苦しい。大分は最近調子いいのでなおさら。ウェリントンの初ゴールでなんとか引き分け。まあ、負けなくて良かったが、ホームでこれでは情けない。6位は変わらず。ぎりぎり圏内にとどまっているという感じだな。これからの爆発力は期待できるのだろうか。...

  • 第26節 アビスパ 0-0 長崎

    雨の中の試合は、0-0の引き分け。コンディションが悪かったので、仕方がないか。前回の対戦も0-0で引き分けだった。なかなか勝ち点が増えず。6位で変わらず。...

  • 直近5試合(21-25節)

    大宮は取りこぼしなく、5戦全勝で勝点15。うらやましい。ヴェルディの好調はまだ続くのだろうか。金沢は5試合とも引き分け。粘り強いのか、息切れしてきたのか微妙なところ。3位から6位まで、勝点差1で4チームがひしめく。アビスパがプレーオフ進出するための頑張りどころは、ずっと先ではなく、この5、6試合ではなかろうか。ここが踏ん張りどころ、勝負所のような気がする。群馬、徳島、水戸といった下位チームが好調で、10位前後...

  • 第25節 京都 1-2 アビスパ

    どういう形であれ、勝つのは楽しいな。しかし、この試合も先制点を奪われた。ディフェンスの弱さはなんとかならないものか。酒井の同点弾は見事。末吉の逆転弾は、さらにすごかったけれども、あれはマグレではないかなあ(笑)6位に浮上。...

  • 直近5試合

    これまでの勝点と、直近5試合の勝点を表にしてみた。3勝に相当する勝点9以上を挙げたチームは赤にしてある。やはり大宮がトップ。続いて磐田だが、群馬が健闘している。ヴェルディも上昇してきた。下位に低迷していた徳島と大分がようやく復活してきた気配。上位では、金沢、千葉、札幌が失速気味。下位では栃木と岐阜。ラモスのチームはもう駄目かも。こうして見ると、アビスパの勝点6は、そこまでひどい数字というわけではない。...

  • 第24節 アビスパ 1-3 大宮

    播戸に三発浴びては勝てませんわ。しかし大宮、家永だけのチームと思ったら播戸もいて、豪華ですな。ウェリントンがデビューしたけど、フィット感はどうだったのだろう。7位に落ちたが、救いは、首位の大宮と2位の磐田を除いて、他のチームがおしなべて低調なこと。さすがに自動昇格は難しいと思うが、プレーオフ争いはまだまだこれからだ。...

  • 第23節 水戸 2-2 アビスパ

    2-0から追いつかれるというのは、まだまだ弱いチームの証拠。と分かってはいるが、最後のPKは、ヴェルディ戦の時とよりもさらに微妙。というか、明らかに相手の倒れ込みじゃないか。これで勝点2を失うのは痛すぎる。いや合計で4点失っているわけだが。審判団はアビスパに悪い印象でも持っているんじゃないか。あとで埋め合わせはしてくれるんだろうなあ。6位に下がった。...

  • 第22節 アビスパ 4-2 北九州

    東京に出張してて気がつかなかったのだが、水曜日に試合があったとは。結果を聞いて、またびっくり。4-2とは、最近のアビスパの試合にしては、たくさん点が入ったものだ。映像を見ると、両チームとも、簡単に点をとられすぎ。まあ、北九州の2点目は、亀山選手の足に当たって、コースが変わっているようだが、キーパーは止められなかったのかなあ。鈴木淳の3点目、4点目はお見事。しかし、北九州のDFがお粗末すぎたような感じ。城...

  • 第21節 ヴェルディ 1-1 アビスパ

    ロスタイムに失点!いつもの悪癖。と思ったら、PKか。動画を観たら、非常に微妙。PKを取られるようなプレーとも思えないが……。まあ、しかたない。しかし、なかなか勝点が取れないな。勝点が同程度のチームと当たっているので、これが実力だともいえるが。いや、現在は、密かに力を蓄えている段階なのかもしれない。そのうち、どこかで爆発してくれるだろう。さて、折り返し点を過ぎて、次節は北九州戦。こちらは勝点33の7位。相...

  • 第20節 長崎 0-0 アビスパ

    引き分けで6位から7位に転落。しかし、長崎もけっこう強いチームだし、無失点だったし、まあまあのデキではなかったか。次節はヴェルディ。勝点32のアビスパに対し、長崎と同じ30で、わずか2差。長崎と同レベルのチームと思えばいいのだろうが、前節、大宮を破っている。下位との勝点が詰まってきているので、ぜひここで叩いて、ふたたび上位を目指したいところだ。...

  • 第19節 アビスパ 0-2 金沢

    リーグ3位の相手に、開始6分で先制されては勝ち目がない。超至近距離からの最初のシュートを防いだ神山のプレーは素晴らしかったが。試合終盤の股間を抜かれた2点目はちょっと情けない。5位から6位に下がってしまった。J2参入の古い新しいにかかわらず、上位にいるチームはどこも強い。アビスパはまだそのレベルに達していないということだ。...

  • 第18節 千葉 2-2 アビスパ

    前半11分で0-2。選手の動きが悪く、このまま大敗するだろうと思って観るのをやめた。ひどい負けの試合を見るのは、精神衛生上よくない。あとで確認すると、なんと2-2の引き分け。あの試合を引き分けたのか!昨年までなら、0-5ぐらいで終わっていてもおかしくない試合。しかも、上位の千葉とのアウェイでの試合である。シュート数は16対4で、アビスパが攻めに攻めた試合だったようだ。勝点1でよしとしよう。18節を終えて、勝点31で...

  • 第17節 アビスパ 1-0 徳島

    相手が小林監督の徳島。いまのところ成績は芳しくないが、いずれ上昇してくるのはまちがいないチーム。難敵だが、セットプレーからの1点を守り切って、連敗脱出。これで4位浮上。それにしても、「セットプレーはアビスパの強み」という趣旨のことを監督が言っているが、数年前のアビスパからは考えられない話だ。次はアウェイで千葉か。難敵が続くが、勝てない相手ではないだろう。...

  • 第16節 大宮 2-0 アビスパ

    スーパー神山の獅子奮迅の活躍でなんとかゼロに抑えていたが、尽きた形でロスタイムに2失点。大宮は強かった。シュート数21本対7本という数字がそれを示している。7位に落ちた。まあしかたがない。次だ、次。...

  • 第15節 アビスパ 1-3 讃岐

    磐田やセレッソには勝てたが、京都や岐阜のような、J2でもかなり下位を低迷しているチームに勝てていない。おそらく、攻めてくる相手に対しては、その隙をついて点を取れても、引いてくる相手から点を奪うだけの力がまだないということなのだろう。残念ながら讃岐に負けてしまい、無敗記録は11でストップ。しかしJ2での得点力は折り紙付きのウェリントン選手を獲得予定だという。次の手を着々と打っているということだ。...

  • 第14節 アビスパ 1-0 岡山

    監督のいうとおり、1-0で勝つというのは、素晴らしい勝ち方。強くないと、こんな勝ち方はできないのではないかと思う。これで8勝のうち、6試合が1-0。ということは、やはり、アビスパは強いのかもしれない。おまけに、磐田、千葉、大宮、金沢の上位4チームがすべて引き分け。先週、そうなればいいなと思いながらも、そんなに虫のいいことがあるはずがないので書かなかった。まさにそのとおりの結果で、願ったり叶ったり。これで首...

  • 第13節 栃木 0-0 アビスパ

    連戦の最終試合。なかなかの苦戦だったようだ。磐田、千葉、大宮、セレッソが勝っているので、できればアビスパにも勝ってほしかったが、だが、まあ贅沢は言うまい。ここ10試合で7勝3分、勝点24。立派な成績だ。いや立派すぎるぐらいで、これは年間勝点100のペースなのである。磐田、セレッソ戦の勝ちも含んでおり、これ以上は望みすぎというものだろう。とはいっても、開幕の京都戦の敗戦とか、岐阜戦の引き分けとか、最下位近辺...

  • 第12節 アビスパ 4-1 群馬

    開幕三試合が1-3、1-2、1-2で、得点3失点7。得失点差-4と大きなハンデを背負ってしまい、その後の勝ちもすべて一点差なので、このところの連勝にもかかわらず、第11節時点での得失点差はわずか+2。他の上位陣に較べると少なすぎ、これからはげしくなる順位争いを考えると、どこかで大量得点を重ねておきたいところ。そう思っていた矢先の3点差勝ち。これで得失点差が+5。素晴らしいゴールデンウィークとなったが、最後の締めに、...

  • 5位浮上!

    開幕3連敗。しかも、3連敗目のGKの情けない点の取られ方を見て、どうなることかと思ったが、なんとそれから8戦負けなし。6勝2分。磐田、セレッソに連勝して5位浮上。J2に落ちてきたとはいえ、この2チームに連勝できるとは、まるで夢のようである。ある人から聞いた話。昨年までのアビスパは、試合が終わっても、選手にまだ余裕があった。今年はヘトヘトの状態だという。たしかにセレッソ戦を見ていて、最後まで走り切ろうとい...

  • アビスパ最下位

    第3節終了時点で最下位。先取点を取られてそのまま負けるというのは最悪のパターンだ。井原監督のもと、今年こそはと期待したのだが…。しばらく時間がかかるか。...

  • 天皇杯決勝 横浜 2-0 広島

    富も才能もある都会の金満チームが、金がない中で頑張って勝ち上がってきた田舎チームをうまくあしらって勝ったというような試合。どこがどうだからとうまく言えないけれども、横浜に較べると、広島の戦い方はやはり貧乏くさい。FC東京戦も見たけれども、なんとも面白くない。勝てばいいというやり方で、FC東京のポポビッチ監督もやんわりと批判していたけれども、もう少し華があってもいいように思う。そういうのは第三者の勝...

  • 祝開幕! 祝アビスパ勝利! 東京0-1福岡

    香川選手のハットトリック(+ルーニーのスーパーゴール)、ガンバ大阪と京都の不思議な引分試合(3-3)など、いろいろあったようですが、今日は、なんといってもアビスパの開幕戦アウェイ勝利でしょう。城後選手で決めたというのが、またいいですね。マリヤンプシュニク監督、やってくれそうです。...

  • もうすぐ開幕

    気がつくと、J2開幕は3月3日、あと2週間あまり。アウェイの東京ヴェルディ戦。昨年は一試合も見に行けなかった。今年は時間を作って見に行こう。監督も変わり、なんとなくいけそうな気がする。しばらく情報から離れていたので、選手もだいぶ変って、浦島太郎気分だが。...