トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
2位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

オールド・ボーイ

この映画の封切りはたしか2003年の福岡のアジア映画祭ではなかったっけ。
その時は見逃していたのだが、ようやくビデオで見ることができた。

主演はなんと「酔画仙」のチェ・ミンシクではないか!
ミド役のカン・ヘジョンも印象的。
悪役のユ・ジテも強烈。
監督はパク・チャヌク。

映画としては密度の濃い作品で、カンヌで賞を取ったのも頷ける。
禁忌に触れる部分はもちろんこの映画の重要なファクターだが、それがあったからこの評価となったかのどうかは疑問だ。
ひょっとしたら、なかった方が、より高い評価につながったのではないか?
あの強烈さは逆に作品の印象を歪めることになっていはしないか?
かといって、それなしでは映画そのものが成り立たないかもしれんな。

まあ単純に、子を持つ親としては、ああいう内容はどうもねえ、というPTA的な反応かもしれんけど。見て楽しいという映画ではありません。むろん駄作ではありませんが。

公式サイト
トラックバック
by ネタバレ映画館 on 2007/12/23 at 17:35:22

 タランティーノが好きなのか、タランティーノを好きなのか・・・どちらにしても審査員長に敬意を表して選ばれたのでしょう。

トラックバック送信先 :
コメント