トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
16位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

キム館長VSキム館長VSキム館長

韓国の格闘技系コメディー。
10月末に韓国に行ったとき、暇でホテルのテレビをつけたらこれをやっていた。
コメディー映画というのは、こちらにその気がないときに見てもクダラネエナ~という感想しかわかないものだが、そのときもそう思って、あちこちチャンネルを変えてみても他にたいした番組をやってなくて(だって全部韓国語だし)、しかたなくこれを眺めていたら、結構面白かった。

帰りの便が釜山ー福岡の高速フェリーで、これが約3時間。映画を上映するにはちょうどいい時間。船内のモニターでなにが上映されるのかなあと期待してたら、出てきたのはコレ。「うわあ、またかよ」と隣の乗客が声をあげたので、韓国ではこの作品をよっぽどテレビでやっているのだろうと思ったけれども、たぶん行きの便でもこれを見せられたんだろう。こっちは行きはソウルで飛行機だったから。

で、今度は、ちゃんと日本語字幕付きで、全部見ることになりました。
きちんとみると、やっぱり面白い。
三人のキム館長が、武術の道場をそれぞれ開いていて、それにヒロインがからむという展開。
キャストは以下のとおり。

テッキョン → シン・ヒョンジュン
剣道 → チェ・ソングク
カンフー → クォン・オジュン
ヒロイン → オ・スンヒョン

韓国映画はふだん見ないので、誰が誰やら分からん。
剣道のチェ・ソングクがキメに使う、格言風の日本語の扱い方が秀逸で大笑い。監督のセンスだね。監督はパク・ソンギュンという人らしいが、1970年生まれとまだ若い。注目したい監督だ。といっても、みんな似たような名前なのですぐ忘れるんだけど。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント