トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
8位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

イーオン・フラックス

こういうSFはいいなあ。
美女が出てきて、アクションがあって、一見ユートピアに見えるけれども実はディストピアだったという設定。

なぜかそのことに気がついてしまった主人公は、孤立無援の戦いを強いられる。絶体絶命の窮地に陥るけれども、九死に一生を得て、最後にはその世界の根本的な欺瞞を暴くことに成功する。そして人類は新たなスタートを迎える。そういうストーリー。

主人公が美女、アクションシーンがもりだくさん、舞台となるのが奇怪なユートピア。
この3つがそろったSFは、今年見ただけで「フォー・ヴェンデッタ」「アイランド」そしてこの「イーオン・フラックス」と3本目だ。

「フォー・ヴェンデッタ」は、政治的なメッセージが強く、しかもマニアック、「アイランド」はハリウッド的でエンターテインメント性が強かったけれども、この「イーオン・フラックス」はその中間といったところか。SF映画としてそんなに凝っているわけではないが、かといって安易な手抜きもなく、真剣に作っているのが好感が持てる。デキもまずまずだ。自分にとってはこれぐらいがSF映画としてのスタンダードだな。

シャーリーズ・セロンは「サイダーハウス・ルール」で、スパイダーマン役のトビー・マクガイアと共演した女優。しかしあのときは、若さと美しさと輝きが際立っていて、いかにもアメリカン・ガールという感じ。栄養満点のブロンド美女だった。
この映画の彼女の同一人物だとはとても思えない。
しかも「スウィート・ノーヴェンバー」のヒロインも彼女だって!
うむむ。
その3人は、まったく別人としか思えないのだが。

ためしに3つの映画を並べてみた。
左から、
サイダーハウスルール(1999)
スウィート・ノーベンバー(2001)
イーオン・フラックス(2005)

ciderhouserules.jpgsweetnovember.jpgAEONFLUX.jpg

まあ、並べてみると、似てないことはないか。
で、授賞式やパーティーのときの写真はこんなふう。

theron-charlize-photo-charlize-theron-6227408.jpgtheron-charlize-photo-xl-charlize-theron-6226737.jpg


う~ん。映画とはまた別人。
これでは道で会っても、どれが本物のシャーリーズ・セロンか分からないかもしれないな。(会わないって)

原題:AEON FLUX
公式サイト
トラックバック
by ネタバレ映画館 on 2007/08/25 at 02:46:12

 英会話スクールや、最近銀行業へ参入した巨大企業が協賛してるかと思っていましたが、関係なかったようです。

トラックバック送信先 :
コメント