トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
107位
アクセスランキングを見る>>

ベッカムに恋して

インド系の女性というのは不思議だ。主人公のバーミンダ・ナーグラは17,8歳の設定なのに、ときどきひどく年取って見える。歩く姿勢がちょっと前かがみで、アスリートというよりおばさんくさい。と思ったら撮影当時は27歳。そうか10歳もサバよんでたのか。さすがにサッカー選手の役はしんどいかも。でも17、8歳に見えなくもないからやっぱり不思議だ。

共演はキーラ・ナイトレイ。現在売り中の彼女は当時19歳。女子サッカー・チームで主人公と2トップを組む。
パイレーツ・オブ・カリビアンでは胸の豊かさを強調するドレスを着ていたから気づかれにくかったけど、この人胸無いなあ。この映画と「キング・アーサー」を観るとよく分かります。よく分かったからなんだと言われても困るけど。ともかく、スリムで気合いの入った美女です。

サッカー映画なので、当然サッカーシーンがあります。ゲーリー・リネカーも出てきます。ベッカムは出てきません。屋根裏部屋に飾ってある写真しか出てきません。坊主の頃のベッカムなので、なんだか汚らしいです。あんな写真をデカデカと部屋に貼る人の気がしれない。これも余計なお世話か。

それはともかく、サッカーのシーンの撮影に工夫を凝らしているのはわかりますが、でも、まあ、へたくそです。とても人様に見せるような代物とは思えません。「あずみ」の上戸彩がチャンバラをやるかわりにサッカーボールを蹴っているような感じ。それは主人公もキーラ・ナイトレイも同じです。この点は期待しないほうがいいです。

でも、ま、彼女たちのプレイを観る映画ではありませんから。
これは英国内の伝統的なインド家庭に育った女性の葛藤と成長を描く青春映画です。サッカーは背景として重要な役割を果たしますが、テーマはあくまで主人公の、人生における選択と自立です。グリンダ・チャーダ監督はこのテーマで、スッキリとした佳品を作りあげました。

歌と踊りによるインドの官能的な結婚式が圧巻です。
「マッチ・ポイント」で主演するジョナサン・リース・マイヤーズの好演が光りました。

原題:Bend It Like Beckham
公式サイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー