トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
203位
アクセスランキングを見る>>

モーム23:書くことは苦労しなければ習得できない繊細な技術である


(大意)
しかし書くことは私にとっては息をするのと同じくらい自然で本能的なことで、うまく書けているかどうかには常に注意を払っていた。数年たって書くことは苦労しなければ習得できない繊細な技術であることがわかってきた。書こうとするといつも困難を感じていたのである。会話ならば流れるように書くことができるが、地の文を書く段になると、非常に苦しんだ。二三行書くのに数時間を要し、どうやってもうまくいかなかった。

わたしは書き方を独学で学ぶことにした。不運なことに助けてくれる人がだれもいなかった。わたしはたくさんの失敗をした。先ほど述べた魅力的な教授のような人がいて導いてくれたら、たくさんの時間を節約できただろう。そういう人がいれば、わたしの才能の特性を把握し、それに沿って伸ばしていくよう助言してくれたことだろう。適性のない方向に向かって試みても無駄だからである。
(サミング・アップ 第9章)

But to write was an instinct that seemed as natural to me as to breath, and I did not stop to consider if I wrote well or badly. It was not till some years later that it dawned upon me that it was a delicate art that must be painfully acquired. The discovery was forced upon me by the difficulty I found in getting my meaning down on paper. I wrote dialogue fluently, but when it came to a page of description I found myself entangled in all sorts of quandaries. I would struggle for a couple of hours over two or three sentences that I could in no way manage to straighten out. I made up my mind to teach myself how to write. Unfortunately I had no one to help me. I made many mistakes. If I had had someone to guide me like the charming don of whom I spoke just now I might have been saved much time. Such a one might have told me that such gifts I had lay in one direction and that they must be cultivated in that direction; it was useless to try to do something for which I had no aptitude.
(The Summing Up, ch. 9, p.23)





このエントリーのタグ: Maugham 引用句 The_Summing_Up
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー