トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
203位
アクセスランキングを見る>>

金子光晴1:「の」の連続


しばらくたつと、焼けのこった牛込赤城元町の崖下の小家の玄関わきの三畳間の私の部屋に、尾羽うち枯らしたような姿で、焼け出された人たちがやってきては、裏の出入り口からのぞきこんだ。
(どくろ杯 p12-13)




このエントリーのタグ: 引用句 金子光晴 どくろ杯
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー