トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
3位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

七人の侍

★★★★★
1954年
207分
ネットで視聴

原題:7人の侍
英題:Seven Samurai
制作:日
監督:黒澤 明
出演
 志村 喬
 三船 敏郎
 加東 大介
 稲葉 義男
 千秋 実
 宮口 精二
 木村 功

2016年「The Magnificent seven」、1960年「荒野の七人」のオリジナルである「七人の侍」を観た。
映画館で2度見ているので、これで3回目。

以前、「市民ケーン」を見た時、映画作品の寿命は100年持たないのではないかと書いたが、そうではない作品もあることを思い知らされた。

その後に作られたリメイク作品に比べても、段違いの重厚さ、迫力、完成度。
「The Magnificent seven」を★★★★
1960年の「荒野の七人」を★★★★★
という評価にしてみたけれども、ご本尊のこの作品は★★★★★★★★★★ぐらい凄い。

個性ある7人のキャラクターの描き分け以外にも、馬子、農民の妻のエピソードなど、物語が重層的に配置され、汲めども尽きない泉のようだ。

日本映画の頂点という言葉は嘘偽りがない。
映画ファン必見の映画とは、こういう映画のことをいうんですね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント