トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
9位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

Arrival(メッセージ)

★★★★
2016年
116分
ネットで視聴 英語字幕

原題:Arrival
邦題:メッセージ
制作:米
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演
 エイミー・アダムス
 ジェレミー・レナー

原題が「Arrival」なのに、邦題が「メッセージ」となっているのがおもしろい。

原題のArrivalには、「到着」という意味のほかに、「出現、出生」という意味もある。映画を観た人なら、なるほどと思うだろうが、日本語でそのニュアンスを伝えのは難しい。

邦題を考えた人は、そのあたりも考慮して、かなり工夫してつけたように思える。

イアンを演じるジェレミー・レナーは、アベンジャーズのホーク・アイの人。
そのイメージが強すぎて、数学者に見えなくて困った((笑)。

宇宙人到来による世界の危機と破滅を静かに描く。
見終わった後の余韻が深い。

考えてみれば、人の死や別離は、誰にでも訪れる確定した未来である。
われわれはそのことをよく考えないまま、霧の中にある未定の事柄のように思っている。
彼女の選択と決断は、彼女一人だけに訪れた事態のように思えるけれども、じつはわれわれ一人一人も、自分の死という確定した未来の前で、日々刻々、同様の決断を迫られているのではないだろうか。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント