トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
15位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

J2 第14節 アビスパ 3-0 湘南

AWAY
Shonan BMW スタジアム平塚

45分 1-0 ジウシーニョ
58分 2-0 三門
87分 3-0 城後

ウェリントンの激突の場面から見た。
それまでは一方的に攻められていたらしい。
そのあと岩下も相手選手に頭をぶつけられ、悶絶。

ただ、アビスパの選手も湘南の選手も、このときに限らず、いろんな場面で握手をしたり肩を叩いたりしていて、険悪な雰囲気はなかった。
ずっとフェアなやりとりだったのが意外といえば意外。この二チームは仲がいいのかな(ウェリントンは元湘南なので分かるけれども)。

あるいは先発選手の平均年齢31歳で元代表がたくさんいるアビスパに対し、25歳を切る湘南の選手たちがリスペクトを示し、一方湘南の溌剌とした高質のサッカーに苦しめられたアビスパのベテランたちは、こいつら凄いなと、こちらもリスペクトを示していたと考えるのは、サッカー選手を美化しすぎだろうか。

それはともかく、見始めてからは、アビスパが一方的に攻められるというシーンはそれほどなく、前半終了間際に、駒野→ジウシーニョのヘディングで先制。

後半に入って、三門のスーパーゴールで2点目。
三門選手は時折ミドルシュートを放つのだが、いつもフカしてばかりで、「もう撃つな」と思っていたのだが、そうか、こういうのを狙っていたのか。しかし、今回はマグレだと思う。あまり期待ないようほうが良い。

そしてジウシーニョの交替で入った城後のダメ押し。今季初得点。
チームメイトを率いて、アウェイに駆け付けたサポーターにダイビング。
城後は感情を派手なアクションで表現するが苦手なタイプ。寡黙で、ちょっと古風な選手だが、珍しく見せたこういう喜び方には涙が出る。

得失点差で湘南を逆転して2位に浮上。

遅れて試合が始まった横浜FCが讃岐に同点に追いつかれ、一瞬アビスパが首位に立つが、結果的に横浜FCが勝って首位。
アビスパは2位。

以前のエントリーで、この5戦、上位陣との厳しい戦いになると書いたが、結果は、

第10節 4/29(土) 東京 〇 1-0
第11節 5/03(水) 徳島 ● 1-2
第12節 5/07(日) 松本 〇 1-0
第13節 5/13(土) 岡山 〇 1-0
第14節 5/17(水) 湘南 〇 3-0

なんと、4勝1敗。勝点12。
望外の結果といっていいだろう。
しかも最後の5戦目では、首位チームを大差で粉砕。
最高の結果となりました。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント