トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

G. I. Jane

★★
1997年
124分
ネットで視聴 英語字幕

原題:G. I. Jane
制作:G. I. ジェーン
監督:リドリー・スコット
出演
 デミ・ムーア
 ヴィゴ・モーテンセン
 アン・バンクロフト

女性が認められるためには、男性と同等の”肉体的・精神的”タフさが必要だ、というのがこの映画のメッセージだろうか。

だとすると、その女性はすでに女性ではなく、男性なのではないだろうか。
女性が男性化することによってのみ認知されるという考え方は、裏返しの男性社会賛美ではないだろうか。

まわしをつけて土俵に上がって、横綱にならなければ、男性と女性は同等の存在と認めないと相撲協会が言ったとしたら、どんなに馬鹿げた理屈かわかると思うが、同レベルの発想。

ちょっと頭を働かせればわかりそうなことを、あんまり考えないで、手軽にチャチャットと作ってしまって水準以上の映画にしてしまうのはこの監督の才能の豊かさだろうけれども、コクのある映画にはなりませんね。

途中眠くてしょうがなかった。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント