トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
15位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

J2 第5節 山形 0-0 アビスパ

05位→05位

富安、岩下、ダニルソンがいない中、アウェイでの引き分け。
最低限のノルマは達した、と言いたいところだが、湘南が走り出しそうだし、上位のヴェルディも強そうなので、できれば勝ちたかった。

今年はプレーオフ進出が目的ではないはず。
自動昇格を目指すならば、アウェイでも勝点を獲得していかなければ。

試合の方は、ディフェンスは、慎重なボール回し。
堤選手が今年初出場で出ているので、一昨年のアビスパを思わせて、いつもより堅い感じ。
攻撃は、やっぱりウェリントン頼みの、ロングボールの競り合いやスローインの場面が多いサッカー。

前日見たヴェルディ・岐阜戦の目まぐるしいパスサッカーや、湘南・千葉戦の痛快なランニングサッカーとは大違いだ(それにしても千葉のキーパーのラインの高さは面白い。案の定そこを突かれて失点してしまったが、改めるつもりはないようだ。実際に見てみたい)。

それに較べると、アビスパ・山形戦は、地味で面白みのない試合。
だが、ひょっとしたら井原監督は、わざとそうしたのかもしれない。
相手の長所を消して、見どころのない退屈な試合にしてしまうのだが、勝負の方は、ウェリントンを中心に、悪くて引き分け、うまくいけばセットプレーかなにかで勝ちを拾おうという。

だとすると、監督の計算どおりの結果ということか。

岩下、ダニルソンが体調不良ということだが、次節は大丈夫だろうな。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント