トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
2位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 

Looper

★★★★
2012年
119分
ネットで視聴 英語字幕

原題:Looper
邦題:LOOPER/ルーパー
制作:米・中
監督:ライアン・ジョンソン
出演
 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
 ブルース・ウィリス
 エミリー・ブラント

30年後の自分が、見る影もないツルッパゲだったら、いくらブルース・ウィリスのようなカッコいいスーパー爺になれたとしても容赦なく撃ち殺してしまうにちがいない。いやそれとも……という抜け毛やハゲが気になりはじめた20代後半男性に深遠な課題を突き付ける心理SF映画の傑作。というのはまるで嘘だが、なかには本気にする人がいるかもしれない。わたしもその頃にこの映画を見たら撃ち殺す派に回っていたかもしれない。いまではすっかり諦めてしまったが。ハゲにはハゲでいいところもあるんだ!(じつはそんなにハゲてはいない)

ルーパーという、ウーパー・ルーパーとかルーピーとかを連想させる気の抜けたタイトルの映画にしては、非常によくできたSFアクション映画。

サラ役として、あのEdge Of Tomorrow(オール・ユー・ニード・イズ・キル)でリタ・ブラタスキーを演じたエミリー・ブラントが出ているのもうれしい。
彼女が大きな切り株を斧で切るシーン。
戦場の英雄を演じた先の作品とまったく違って、この映画では都会の夜を遊びまわっていた未婚の母親が心を入れ変えて人里離れた農場で子供をひたすら育てているという役柄。そうした背景が斧のぎこちない使い方からも浮かび上がってくる。細部の演技力がすばらしい。

一度目よりも、あちこちに巧みに伏せられた伏線がよくわかる二度目のほうが面白かった。

いくつか謎の点や、ストーリーの矛盾点があるような気がするのだが、時間SFはパラドックスを考え始めると眠れなくなるので、あまり気にしないことにしよう。



このエントリーのタグ: エミリー・ブラント
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント