トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
5位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

Lost in Translation その2

●映画の英語
stuck
 ①stickの過去形・過去分詞
 ②(形容詞)~に行き詰って


二人が日本酒を飲みながらする会話のシーン。
この映画で最も印象的なシーンの一つで出てくる。

"I'm stuck. Does it get easier?"
"No. Yes. It gets easier."
"Oh, Yeah. Look at you."
"Thanks. The more you know who you are, and what you want, the less you let things upset you."
"Yeah. I just don't know what I'm supposed to be. You know? I tried being a writer, but I hate what I write. And I tried taking pictures, but they're so mediocre, you know. Every girl goes through a photography phase. You know, Like horses? You know? Take, uh, dump pictures of your feet."
"You'll figure that out. I'm not worried about you. Keep writing."
"But I’m so mean."
"Mean's okay."
"Yeah."

"What about marriage? Does that get easier?"
"That's hard……We used to have a lot of fun. Lydia would come with me when I made the movies, and we would laugh about it all. Now she doesn't want to leave the kids, and she doesn't need me to be there. The kids miss me, but they're fine. It gets a whole lot more complicated when you have kids."
"Yeah. It's scary."
"It's the most terrifying day of your life the day first one is born."
"Yeah. Nobody ever tells you that."
"Your life, as you know it, is gone. Never to return. But they learn how to walk, and they learn how to talk, and you want to be with them. And they turn out to be the most delightful people you ever meet in your life."
"Hmm, that's nice."
"Where'd you grow up?"
"Um, I grew up in New York, and I moved to Los Angeles when John and I got married. But it's so different there."
"Yeah, I know."
"John thinks I'm so snotty."
"haha."
"hmm."
"You're not hopeless."


こういう会話をしながら、二人とも酔っぱらってたわいなく眠ってします。
ちょっと長いが試訳。

「生きるのが難しいわ。これって楽になるものなの」
「いや。うん。そうなるさ」
「そうね。あなたがお手本ね」
「ありがとう。自分が誰であり、なにを望んでいるのかがわかればわかるほど、物事に動じなくなるものさ」。
「そうね。私は自分が本当はなにをしなければないかが分らないの。作家になろうとおもったことがあったわ。でも、自分の書いたものが大嫌いだった。それで写真を撮り始めたの。でもあまりに平凡過ぎて。女の子って写真にはまる時期があるの。馬に興味を持つのもそう。どの子もカメラで自分の足をやまほど撮ったりするのよ」
「きみは自分のやるべきことを見つけ出すさ。大丈夫だよ。書き続けろよ」
「でも、才能はないわ」
「才能は関係ないさ」
「そうね」
(沈黙)
「結婚ってどうなの。楽になるものなの」
「……結婚は難しい。昔はおたがい楽しかった。撮影の時はリディアも一緒で、それを話題におおいに盛り上がったものさ。いまは彼女はいつも子供といて、そこでは僕は必要とされていない。子供はさびしがっているけれども、だからといってなにか問題があるわけじゃない。…子供ができると、ものごとが一挙に複雑になるんだ」
「怖いわ」
「人生でもっとも恐ろしい日は、最初の子供が生まれた日だ」
「初めて聞くわ」 
「自分が知っていた自分の人生は去ってしまった。決して戻ってこない……でも、こどもたちが歩くのを学び、しゃべるのを覚えてくると、一緒にいたくなるんだ。人生の中で出会った中で、一緒にいるのがいちばん楽しい、そういう存在になるんだ」
「素敵ね」
(ウトウトとしながら)
「君はどこで育ったんだい」
「ニューヨーク。そのあとロスアンゼルスに移って、そこでジョンと結婚したの。でもいろいろ違っていたわ」
「そうだろうね」
「ジョンはわたしをお上流ぶっているっていうの」
「ハハ」
「ふふ」
「そんなにひどくはないよ」

最後の場面で、ボブはシャーロットの右の足先にちょっと触るのだが、あれは、ケガをした部分。
シャーロットの傷口がいくぶんかでも、ふさがったことを暗示しているのだろうか。

mediocre 平凡な
figure out 見つけ出す


このエントリーのタグ: スカーレット・ヨハンソン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント