トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
9位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

Snowpiercer

★★★★
2013年
125分
ネットで視聴 英語字幕

原題:Snowpiercer
邦題:スノーピアサー
監督:ポン・ジュノ
出演
 クリス・エヴァンス
 ソン・ガンホ
 コ・アソン
 ティルダ・スウィントン

韓国人監督の作品だが、アメリカ映画かと思って見ていた。

主要な登場人物に珍しく韓国人がいるなと思ったぐらいで、それぐらい自然な感じの英語圏の作品になっている。

最後まで次の展開の予想がつかない、ハラハラドキドキの連続。
いい映画でした。

二度目は、一度目の驚きはなくなったけれども、十分見ごたえあり。

こういう骨太の作品は、なかなか日本の監督では作れないように思うが、どうでしょうか。

ところどころ破綻しているというか、無理なところもあるにはあるが、そういうことを気にしない強引さ、ある種の鈍感さというのは、エネルギッシュな創作力と表裏の関係にあるものだと思うので、少なくともこの監督の中には、そういう欲求が満ち溢れているに違いない。

ティルダ・スウィントンは、コンスタンティンで天使ガブリエル、ナルニア国物語では白い魔女を演じていた女優。
ここではメイソン総理を怪演して強烈な存在感を発揮している。

映画のタイトルは「雪を貫くもの」という意味。
韓国では、「雪国列車」というタイトルだったらしい。
それもなかなか風情があってオツなネーミングではないかと思ったが、日本でやると川端康成になってしまうか。




このエントリーのタグ: ティルダ・スウィントン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント