トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
14位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

Inception

★★★★
2010年
148分
ネットで視聴 英語字幕

原題:Inception
日本語タイトル:インセプション
監督:クリストファー・ノーラン
出演
 レオナルド・ディカプリオ
 渡辺謙
 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
 マリオン・コティヤール

監督はクリストファー・ノーラン。
バットマン・シリーズやマン・オブ・スティールの監督でもあり、これまでこの監督の作品をいくつも見てきたが、「インセプション」は、その中でもベスト。
最初から最後まで目が離せない。

惜しむらくは、あれだけの俳優陣を揃えながら、キャラクターの描き方が平板になってしまったこと。
おそらく、メインストーリーだけで2時間半という長尺になってしまったため、脇役の描き込みの部分を、かなり削り落としてしまったのだろうと思う。
そのせいか、映画を見終わった後の印象が意外と薄い。

SF系の映画のセリフはやはり難しい。
SFモノでは小説でも映画でも、疑似科学用語を使って主人公たちを取り巻く状況をもっともらしく説明する場面が必ず出てくるけれども、英語でそれをやられると、なかなか大変である。

この映画では、それ以外のセリフの部分も凝っていて、特に最後の場面、父フィッシャーの決定的に重要なセリフ、

I was disappointed that you tried.

の意味がすぐには分からなかった。
この部分は、英語の人たちにも難解だったようで、あちこちのサイトにも質問が出ていて、それを読んで一応納得。

英語的には、なかなかハードルが高い映画でした。

渡辺謙さんの英語は素晴らしいですね。
違和感がまったくなく、日本人俳優による英語としては、史上最高レベルなのではないでしょうか。



このエントリーのタグ: クリストファー・ノーラン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント