トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

Total Recall

★★★
1990年
113分
ネットで視聴 英語字幕

原題:Totall Recall
日本語タイトル:トータル・リコール
監督:ポール・バーホーベン
出演
 アーノルド・シュワルツェネッガー
 シャロン・ストーン
 レイチェル・ティコティン

25年以上昔の作品なので、特撮部分が古びて見えるのは仕方がない。
特に、宇宙人のメイクが、いかにもメイクメイクしていて、ほのぼのしてしまうほどだ。

シュワルツェネッガーが若いけれども、楽しむべきは、シャロン・ストーンの悪女ぶり。
エロい系の白人美人女優というイメージでいたのだが、よく見ると、時折幼い表情を見せるときがあって、そのアンバランスさはマリリン・モンローを思い起こさせる。人気が高いわけだ。

後半のヒロイン、レイチェル・ティコティンもラテン系は美女。
シャロン・ストーンの前にはやや影が薄い。

悪役の手下を演じるマイケル・アイアンサイドも存在感を発揮。

フィリップ・K・ディックの原作の映画化。
ディックの作品にしては、現実の歪みがあまり感じられないストレートなアクション映画。
シュワルツェネッガーとシャロン・ストーンを登場させて暗くて深刻な映画を作ってもしょうがないので、これはこれで正解なのでしょう。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント