トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
16位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 

Rockstar

★★★★
2011年
159分
ヒンディ語
ネットで視聴 英語字幕

原題:Rockstar
監督:イムティヤーズ・アリー
音楽:A.R.ラフマーン
出演
  ランビール・カプール
  ナルギス・ファクリー

英米以外で作られたロック映画は、とてもダサくて見ていられなくなりそうで、この映画もどうかなと思ったが、その点は大丈夫だった。

ジム・モリソンに憧れているだけあって、主人公のスタイルは60年代から70年代ロックのイメージ。
葛藤する荒々しいロックスターを、ランビール・カプールが見事に演じている。

映画は主人公とヒロインの悲恋を中心に進む。

この映画がデビュー作の、パキスタンとチェコのハーフでアメリカ人モデルのナルギス・ファクリーが非常に美しく、彼女を見るだけでも本作を見る価値がある。

音楽はA.R.ラフマーン。
Kun Faya Kunが非常に印象的。

宗教的な内容の歌だが、凡庸な歌手志望だった主人公が、恋に敗れて夢を失い稼業を手伝うものの、家を追い出され、暗澹と昏迷の中から、自分の歌と声を発見するまでを見事に一曲の中で描いている。

【Kun Faya Kun】



このエントリーのタグ: ラフマーン ランビール・カプール
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント