トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
8位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

藤沢周平全集 第5巻 士道小説短篇(2)

藤沢 周平
文藝春秋
藤沢周平全集第5巻
p570


昭和51年から64年の作品23編。
市井小説もいいが、やはり武家の小説の方が面白いと思うのは、それだけ武士の暮らしの制約が厳しいからだろうか。

考えてみれば当時の武士というのは、幕府に仕えるのは国家公務員、藩の場合は地方公務員みたいなもの。
あるいは、企業に勤めて、ルールにがんじがらめのサラリーマンを彷彿とさせる。
浪人は、たしかに失業者というイメージだ。
そういうところで作中の人物に共感を覚えるのかもしれない。

【収録作品】
闇の顔、小川の辺、木綿触れ、夢ぞ見し、一夢の敗北、小鶴、梅薫る、孫十の逆襲、 泣くな、けい、 泣く母、 飛べ、佐五郎、 山桜、帰還せず、報復、弾む声、切腹、花のあと、雪間草、悪癖、麦屋町昼下がり、三ノ丸広場下城どき、山姥橋夜五ツ、榎屋敷宵の春月



このエントリーのタグ: 藤沢周平
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント