トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

藤沢周平全集 第1巻 市井小説短篇(1)

藤沢 周平
文藝春秋
藤沢周平全集第1巻
p595


デビュー作の「冥い海」ほか、昭和46年から50年に書かれた作品、21編を集める。
たしかに暗い作品が多いが、「父と呼べ」のようなほろりとさせる作品もある。
一作ごとの完成度と、発表のペースに驚かされる。

【収録作品】
溟い海、囮、賽子無宿、黒い縄、帰郷、恫喝、夜が軋む、割れた月、闇の梯子、父と呼べ、疑惑、密告、入墨、馬五郎焼身、旅の誘い、鬼、おふく、霜の朝、時雨のあと、穴熊、冬の終りに



このエントリーのタグ: 藤沢周平
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント