トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

地下室の記録

ドストエフスキー
亀山 郁夫=訳
集英社
p268


筑摩版小沼文彦訳に較べると、亀山訳の主人公は、やや男性的な感じ。

ただ、主人公は、もっとだらしなくみっともない、卑小な人物のはずなので、小沼訳の方が、本来のイメージに近いのではないかと思う。

それから、亀山訳では、「まったく」を「ったく」と訳すなど、ウケを狙っているのか、妙な言葉遣いが違和感。
こういう「新しい」コトバは、すぐに古びるし、作品の品格も落とすので、やめた方がいいと思う。


このエントリーのタグ: ドストエフスキー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント