トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
2位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

地下生活者の手記

ドストエフスキー
小沼 文彦=訳
筑摩書房
ドストエフスキー全集第5巻
p5-109


光文社古典新訳文庫の安岡治子訳では、主人公は「俺」だったが、こちらは「私」。「私」の方が似合っている。

主人公の徹底的な自虐ぶりは、現実にそんな人間が現れたとしたら、傍から見ていてかなり滑稽なはずだが、安岡訳ではそれがあまり感じられなかった。
逆に、主人公の底にある生真面目さが、すこし強めに出ているような感じがする。

こちらの訳では、滑稽さが伝わってくる。
たぶんこちらの方が、原文で読んだ時の感覚に近いのではないか。


このエントリーのタグ: ドストエフスキー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント