トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
19位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

神州纐纈城

国枝 史郎
河出書房新社
河出文庫
p455


「しんしゅうこうけつじょう」と読む。

伝奇小説の傑作中の傑作といわれる本書。
確かに、予想のつかない展開。
強烈な幻想力。
見事な文章。
期待にたがわない作品。

こうしたご馳走は、高級なフランス料理を食べるときみたいに、味わいながらゆっくり読んでいくべき。

だが、なんとな気がせいていて、カップ麺を食べるみたいに、ざっと読んでしまった。

解説の三島由紀夫が誉めていた洞窟のシーンも、最終部分の女性の水浴の部分も、さらっと斜め読み。

残念だが、そんな気分ではなかったので、仕方がない。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント