トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
3位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

冬に記す夏の印象

ドストエフスキー
小沼 文彦=訳
筑摩書房
ドストエフスキー全集第4巻
p341-418


1863年 42歳 第19作。

前年に行った最初のヨーロッパ旅行の記録。

といっても、観光した場所に関する記載はほとんどなく、パリとロンドンの人々の暮らしと思想に関するドストエフスキー独自の感想が、かなり乱雑に…走り書きといった感じで…述べてある。

締め切りに追われて、やっつけ仕事的に書いたものだろうか。

ふーんという感じで、特に感想もないが、この語り口は、このすぐ後に発表された地下生活者の手記を思わせなくもない。

このエントリーのタグ: ドストエフスキー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント