トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
10位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

新・観光立国論

デービッド・アトキンソン
東洋経済新報社
p275


低成長が予想される日本において、これからの最大の成長産業は観光である。

観光立国の4条件とは、「気候」「自然」「文化」「食事」。
日本はそれをすべて備えている希有な国である。

ただし、日本の観光戦略は非常に遅れていて、なにもやっていないのに等しい。
わずかに取り組まれている観光戦略にしても、大きな勘違いのもとに進められている。

日本では「治安の良さ」「交通機関の正確さ」「おもてなしの精神」をアピールポイントと考えているが、これらが外国人にはアピールしない。こうした点をいかに宣伝しても、外国人観光客は増えない。
日本人自身が、「治安の良さ」や「交通機関の正確さ」「おもてないしの精神」のために高い金を払って、はるばる外国旅行をしないことを考えれば自明の理だろう。

観光立国のための4条件をいかに活用すべきかを最優先で考えるべきだ。

目の覚めるような切れ味の鋭い観光立国論。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント