トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
17位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

欧米に寝たきり老人はいない ―自分で決める人生最後の医療

宮本顕二・宮本礼子
中央公論社
p244


欧米に寝たきり老人はいない。
なぜならば、食べられなくなったら、そのまま死を迎えることができるから。
本人も、家族も、医師も、それが当然だと受け止めているからである。

日本の場合はそうはいかない。
胃に穴を開けられ、気管を切開され、腕を縛り付けられて、意識がなくなっても、濃厚医療を受けながら、そのまま生きていかなければならない。
意識がなくても痰の吸引は苦しく、からだをびくつかせて苦しむため、まるで拷問しているかのようだという。

そうやって何年も生きていかなればならない。
本人が、食べられなくなったら、そのままゆっくり死んでいきたいという自然死を望んでも、そうはならないのである。

日本人の8割は病院で亡くなるわけだが、最後の場面がどのようになっているか、その実態がとてもよくわかる。
現場関係者はそれが当たり前だと考えているが、それがそうではないということも。

年老いた両親を抱えている人、自身が高齢期にさしかかっている人は、ぜひ読んでおくべき本である。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント