トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
3位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

正直な泥棒 ――無名氏の手記より――

ドストエフスキー
小沼文彦=訳
筑摩書房
ドストエフスキー全集第1巻
p447―465


ドストエフスキーの第8作。
1848年 27歳。

佳作。
酒で破滅した老人は、ドストエフスキーの作品の中で、たびたび出てくる。
この作品のイェメーリャは、その最初の出現である。(「貧しき人々」でも、そのマカール・ジェーヴシキンの酒飲み友達として出てくるが、まだここまで悲惨ではない)

酒によって頭と生活が破壊され、浮浪者同様の生活を送る人間。
今も昔も、都市では、そういう人間を多数みかける。
そういう存在であっても、人間であるという真実。
それをリアル描ける作家というのは、いったい、どこから、どういう視点で人間を見ているのだろうか。

ドストエフスキーというと、陰鬱で重厚な作家というイメージがあるが、非常な心優しさとナイーブさがなければ、こういう作品は書くことができないだろう。

ドストエフスキー全集 第1巻
このエントリーのタグ: ドストエフスキー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント