トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
10位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

楊令伝10 坡陀の章

北方 謙三
集英社
集英社文庫
p396


宋崩壊後の混沌状況。
これはこれでなかなか面白い。

水滸伝からの生き残りも少なくなった。
その中でも、神行太保戴宗は、呉用と並んで、宋江の最も最初の頃からの同志だったはず。
牢役人をやるかたわら、飛脚を使った情報通信網を作った功績は大きい。

それが年取って、ものすごく嫌な奴になっていくのが、リアルでイイ。
そのうち悲惨な死に方をするのだろうか。



このエントリーのタグ: 北方謙三 楊令伝
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント