トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
2位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 

ローマ人の物語43 ローマ世界の終焉(下)

塩野 七生
新潮社
新潮文庫
p289


476年に西ローマ帝国を廃した西ゴート族のオドアケル、東ゴート族テオドリックといった世界史で習ったことがある人物が登場。
ボロボロになった世界の首都ローマは、ゴート戦役でさらにボロボロに。
巻末のコインの変遷は、あきらかに文明と技術の後退を示しており、末期の図柄はこどもの落書きに近い。

長かった物語もこれで終わり。
最後の方の没落を描く諸巻は、読むのがあまり楽しくなかっが、なんとか通読し終えたというのが率直な感想である。




このエントリーのタグ: 塩野七生
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント