トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
2位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

水滸伝10 濁流の章

北方 謙三
集英社
集英社文庫
p398


晁蓋率いる梁山泊軍と、呼延灼軍の激突を描く。

反乱軍である梁山泊が強力になっていくに従い、体制側である宋の方でも、青蓮寺を中心に、腐敗体制を改め、官軍の力がグレードアップしてくる。最後は童貫出陣による決戦だろう。

そういった全体のシナリオが、だいたい見えて来る巻。



このエントリーのタグ: 水滸伝 北方謙三
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント