トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
10位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

水滸伝6 風塵の章

北方 謙三
集英社
集英社文庫
p341


聞煥章登場。

それにしても、青蓮寺の情報収集能力は、あまりにも凄すぎないだろうか。

いくら政府の諜報機関といえ、いまから1000年前の中国で、あそこまで迅速正確に情報を集められるとは、とても思えない。

舞台となったのは北宋末期、日本でいえば、まだ平安時代である。
日本のような狭い国でも、京都を離れたら、あとは田舎と思われていた時代。

広大な中国で、いくら人手をかけようと、個人の動静をそんなに簡単につかめるはずがない。

宋江が梁山泊の首魁の一人と突き止めるのが、あまりに早すぎるような気がする。

それはともかく、非業の死を遂げた楊史に代わり、霹靂火泰明将軍が梁山泊に参加。



このエントリーのタグ: 北方謙三 水滸伝
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント