トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
8位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

水滸伝1 曙光の章

北方 謙三
集英社
集英社文庫
p388


2007年、2008年に続き、3度目の水滸伝。
このシリーズは、19巻で完結の後、楊令伝、岳飛伝と続く。

最初に水滸伝を読んだ時には、楊令伝がまだ3巻しか出てなかった。
それを読み終わった後、連載中の「小説すばる」を毎月追っかけていたのだが、いつのまにか中断してしまった。

このあいだ久々に雑誌の「岳飛伝」を見たら、九紋竜史進が、子午山の危機の救援に向かうところだった。
子午山といえば、王進のもとで、史進や楊令が修業をした地。

老いた勇将史進がそこに向かうとなれば、彼の最後も近いのかもしれない。

雑誌には、その他にもたくさんの人物が出てくる。
ほとんど知らない名前ばかりになっていた。

この機会にもう一度読み直し、岳飛伝まで追いついてみるつもり。

第一巻目は、王進の逃避行と豹子頭林冲の苦難を描く。


このエントリーのタグ: 北方謙三 水滸伝
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント