トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
4位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

奇貨居くべし(5) 天命篇

宮城谷 昌光
中央公論社
中公文庫
p399


最終巻。
秦の大宰相としての活躍と、荘襄王の子の政(後の始皇帝)即位後の没落までを描く。

前4巻までの丁寧な描き方に較べると、秦政権の頂点に立ってからの描き方はかなりあっさり。
著者がこの物語を通じて描きたかったのは、呂不韋という一人の青年の精神と政治思想の成長の姿で、政争や権力闘争そのものが焦点ではなかったからに違いない。

いづれにしろ、清新な描写、若々しい魅力にあふれ、波乱万丈のストーリーで一気に読ませる。
宮城谷氏の小説では、1、2を争う傑作である。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント