トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
9位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

葉山嘉樹集-7 ②淫売婦

②淫売婦

1929年(大正14) 31歳

デビュー作。

この作品が当時のプロレタリア文学界に衝撃を与えたのは分かる気がする。
モダンだからだ。

これも想像だが、当時のプロレタリア文学は、残酷な労働と陰鬱な生活を描いた暗く重たく深刻なものばかりで、行き場のない憤怒とともに打倒資本家階級! プロレタリア革命万歳! と絶叫して終わるという、こういってはなんだが、ひどくダサく泥臭いものばかりではなかったか。

そこに外国航路の船から降り立った若者登場である。青年はセーラー服で横浜の夜の街を闊歩する。出だしからカッコいいではないか。

そこで不思議な出来事を経験するのであるが、資本主義の最底辺を象徴する場面の中にも、巧みに性が絡んでくるので、なおさら読者――たぶん男性がほとんどだったろう――は惹きつけられる。

その女性に対する青年の反応は――心理的な意表のつき方も含めて――いちいち納得できるものなので、読者はグウの音も出ない。

ハイセンスなプロレタリア文学の誕生といえるだろう。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント