トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

Agneepath(火の道)

★★★★

2012年
174分
ニコニコ動画で視聴。

監督:カラン・マロートラー
音楽:アジャイ・アトゥル
出演 
 リティク・ローシャン
 プリヤンカ・チョープラー
 サンジャイ・ダット
 カトリーナ・カイフ

リティック・ローシャンといえば、甘いマスクでダンスはピカイチ、背は高く、瞳は不思議な色をしていて、右手は6本指という、どこか人間離れした男優で、なんとなく「蒼天航路」の諸葛亮孔明を連想してしまうのだが、そんなことを考えるのは私ぐらいのものか。

超イケメンの主人公に対抗するのは、サンジャイ・ダット。
いいぞそのままムンナー兄貴でチョイ悪の主人公を演じていた。
坊主頭になって凶悪な悪党をまさに怪演。

ヒロインは、プリヤンカ・チョープラー。
スタイル抜群の美女だが、出番はあまりない。
けばけばしいのは好みではないので、それはそれで。

カトリーナ・カイフは、下の踊りの場面だけ特別出演。
彼女も美人だなあ。
ただし踊りは、いつもちょっと下品。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント