トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
120位
アクセスランキングを見る>>

ローマ人の物語〈32〉迷走する帝国〈上〉

塩野 七生
新潮社
新潮文庫
p212


「ローマ人の物語」シリーズは、全15巻からなる単行本が、毎年一冊づつ、2~3冊の文庫に分けて出版されていて、第11巻「終わりの始まり」が文庫化されたのが2007年。
文庫版では№29~31となる。

2007年に№31まで読んでいて、単行本12巻目「迷走する帝国」が1年後に文庫化されるのを待っているうちに、読むのを忘れていた。

久しぶりに再開。
しかし前巻までの登場人物をまったく忘れてしまっている。

長編物語を再開するときはいつものことなので、気にせずに読み進める。
カラカラ、ヘラガバルスなど、聞き覚えのある皇帝が登場。
危機の中で、ローマ帝国が行ったさまざまな制度改編と、それがもたらす社会の変質を描く。


ローマ人の物語〈32〉迷走する帝国〈上〉 (新潮文庫 し 12-82)ローマ人の物語〈32〉迷走する帝国〈上〉 (新潮文庫 し 12-82)
(2008/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る
このエントリーのタグ: 塩野七生 ローマ人の物語
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー