トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
4位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

海に生くる人々(2/2)

葉山 嘉樹
筑摩書房
筑摩現代文学大系36
p494


さて、こうした欠点にもかかわらず、「海に生くる人々」は、十分読み応えのある魅力的な小説である。
だがそれはこの小説が社会主義文学の記念碑的作品であるからというよりも、作者の物語精神が、そうした理論の足枷を吹き飛ばしているからだと思えるのだ。
表現への欲求、物語ることへの欲求が、通俗道徳(マルクス主義的な)の下から吹き出している。

「その夜は全く悪魔につかれた夜であつた。人間の神経を鏝で焼くやうに重苦しい、悩ましい、魅惑的な夜であつた。極度の歓びと、限りなき苦しみとの、どろどろに溶け合つたやうな一夜であつた。
三上にも、小倉にも、それは回視するに忍びないやうな、各々の思ひ出を、その夜は焼きつけた。それは永劫に覚めることのないほどの夜であるべきであると思はれた。それほどその夜は二人にとって大きな夜であった。」(p58)


万寿丸の乗組員二人にさまざまな出来事が起こった夜の説明だが、いかにもドストエフスキーの作品に出てきそうなこの文章を、作者はおそらく嬉々として書いている。

「人間の一生のうちに、その人の一切の事情を、一撃の下に転倒させる様な重大な事件があり、社会に於ては、全社会を聳動せしめるやうな大事件がある。そして、それ等の事件が必ず夜か昼かに行はれ、その事件とは全で関係なしに、夜になつたり、朝になつたりすることは、個人として、社会として、その事件に当面したものに、馬鹿げた、不思議な感じを屹度起させるものだ。中には「ああ、俺にとつて、あれほど重大なことがあつたのに、どうだらう、夜が明けた」と思はせるのである。(p58)

ここは作者独自の表現で、こうしたすぐれた心理的描写とともに、情景描写が見事である。
有名な冒頭の部分と、冬の海での作業シーン。

「雪は北海道の全土を蔽うて地面から、雲までの厚さで横に降りまくつた。……
万寿丸甲板部の水夫達は、デッキに打ち上げる、ダイナマイトのやうな威力を持つた波浪の飛沫と戦つて、甲板を洗つてゐた。ホースの尖端からは、沸騰点に近い熱湯が迸り出たが、それがデッキに五尺流れるうちには凍るのであつた。五人の水夫は熱湯の凍らぬ中に、その渾身の精力を集めて、石炭塊を掃きやつた。」


こうした表現力は、作者の文学者としての豊かな才能を示しているこというまでもない。
作者の社会の不公平への怒り――それはスタインベックの怒りと異質なものではないだろう。そして不公平が起こってくる社会の構造を把握するための理論を、マルクス主義が与えてくれた。そしてその怒りや不公平撤廃の訴えを表現する方法としてかれが選んだのは、政治的実践よりもむしろ、かれの才能に見合って、物語の形式だった。

しかし物語として表現するにあたって、物語に独自に備わった論理からではなく、マルクス主義の公式セオリーから出発しようとした。少なくとも彼自身の主観としては。

だがそれはたちまち物語に裏切られ、マルクス主義イデオロギーの用語は漂流する。物語が生き活きすればするほど、そうした言葉は宙に浮いてしまう。もともと無理な企てだったのだ。物語の根源性が、マルクス主義の硬直性を逆に浮かびあがらせる結果になっている。最初の意図とは逆に、物語にイデオロギー用語がしがみついた形になっている。

だがそうしたとってつけたような感じを、作者自身が気がつかないでいる筈がない。そして作者の作家性は、物語とマルクス主義理論との埋め難い乖離を、いずれどこかで決別しなければならないことを、予感していたのではないだろうか。

弾圧下の戦前戦中において、葉山嘉樹はマルクス主義からの「転向」を余儀なくされるのであるが、そういった外部からの強制力の有無にかかわらず、恵まれた才能にとっては、「離脱」は必然ではなかったかと思う。そうした束縛からの脱却は、マルクス主義に立つ側がどう言おうとも、葉山の作家性の勝利ではなかったか。

とはいえ、束縛を脱却した後のかれの作品が、あのように衰弱しているのはなぜかという課題を提起するのであるが。

海に生くる人々(1/2)


海に生くる人々 (岩波文庫)
海に生くる人々(青空文庫からダウンロード)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント