トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
7位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

Charlie and the Chocolate Factory

Roald Dahl
1964
Puffin Books
Puffin Modern Classics



TOEICスコア別ペーパーバックの470点レベル。

たしかに易しい方の英語だけれども、初心者にとっては、詩を読むのはかなり面倒。

とはいっても、物語の筋はそんなに複雑ではありません。

このあとジョニー・ディップの映画を観て分かったのは、原作だけでは一本の映画にできないので、ウィリー・ウォンカ氏の親と子の葛藤など、さまざまな脚色を加えているということ。

結果はどうなったかというと、原作はやっぱり子供向けの物語なので、ティム・バートンの映画の方が、作品としては素晴らしい。

もちろんこの原作があったからこそできた映画であって、そもそも子供向けの物語と大人向けの映画を比較するのはヘンな話かもしれません。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント