トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
9位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

Tanu Weds Manu

キャスト
 R Madhavan
 Kangna Ranaut
 Jimmy Shergill

2011年
119分

タイトルは、「タヌーはマヌーと結婚する」という意味かな。

真面目で育ちの良い主人公(医師)が、現代的で奔放な娘に振り回されるというラブロマンス。

面白かったのだが、主人公はお人好しすぎるし、ヒロインはとんでもなく身勝手で悪い女。
こんなひどい目にあわされて(後半の駅のシーン)、それでも主人公が諦めようとしないのは、そこで映画を終わらせるわけにはいかないという監督の都合だけとしか思えない。

脇役で出てくるJimmy Shergill が、若い頃のルトガー・ハウアーに似ていて渋いかっこよさ。


このエントリーのタグ: カンガナー・ラーノート
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント