トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
15位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

なでしこ戴冠以降

たくさんの人々が言っているのと同様、私も、日本人がワールドカップを掲げる日が来るとは、まさか思っていなかった。

この価値は測りしれない。

一番大きいのは、夢と思われていたことが、「現実」となったということ。

優勝したのは女子チームだが、同じ日本人として、今後、男子サッカー選手とその関係者たちは、自分たちがワールドカップを掲げる姿を、イメージとして思い浮かべることができるようになった。

彼らにとってワールドカップの優勝は、これまで、周囲やマスコミに対して、口では目標だといってみても、イマイチ信じ切れない、手がかりがないものだったのではないかと思う。

しかし、これからは、その瞬間を具体的に想像することができる。
それぞれが実際に「見る」ことができるようになった。
単なる夢絵物語ではなく、現実に掴みうるものとして、それはそこある。

ファンやサポーターにとっても同様だろう。

そうはいっても、当然至極のことであるが、ワールドカップ優勝がそう簡単にできるはずがない。
到着点は遙か彼方、木星よりももっと遠くにあるのかもしれない。
そこにたどりつくためには、さらに多くの経験、多くのタレント、多くの幸運が必要だろう。

そして、より多くの絶望と屈辱も。

しかしこれからは、虹のように追いかけても決して届かない美しい夢ではなく、周到な準備と機敏な戦略、不屈の精神と揺るがないチームワークによって獲得できるものとしてそこにある。
現実に見える目標物としてそこにある。
日本サッカー界が経験したことがあるものとしてそこにある。

こうしたことが、これからどういう効果をもたらすだろうか。

一言で言えば、男子サッカーはこれから飛躍的に強くなるだろう。
ワールドカップが具体的に「見えている国」は、そうならざるをえない。
一人一人の選手に埋め込まれた自信とプライドと視線の高さが、そもそも異なっているからだ。

先の日韓戦が圧勝に終わったのは、はやくもその効果が現れてきたのだと思う。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント