トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
151位
アクセスランキングを見る>>

オーウェル03:マラケシュ


(大意)
遺体が通ると、レストランのテーブルにたかっていたハエが、突然雲となって後を追ったが、しばらくすると戻ってきた。
葬儀の参列者たちは―男か男の子だけで女はいなかった―市場の中を、ザクロの木やタクシーやラクダの間を縫いながら歩いていった。短い嘆きの言葉を繰り返し繰り返し唱えていた。こうした葬儀がハエの関心を引くのは、この地では遺体は棺に入れないからで、布でくるんで、簡単な木の台に乗せ、故人の友人4人が肩かついで運ぶのである。埋葬場に着くと、深さ30センチから60センチの長方形の穴を堀り、そこに投げ込み、欠けた煉瓦のような乾いた土の固まりで覆う。墓石はない。碑名もない。誰であったかが分かるような目印はなにもないのである。埋葬場は荒れ果てただだっぴろい丘というだけで、たとえば廃墟となった建物が建っている土地を思わせる。一ヶ月か二ヶ月たてば、自分の家族がどこに埋葬されているのか誰にもわからない。
こういう街を歩き-20万人の住民がいるが、そのうち少なくとも2万人は、身にまとったボロ着以外はなにも持たない―彼らがどうやって生きているのか、特にいかに簡単に死んでいくかということを知ると、そこが本物の人間が住む街だと信じることがいつも難しくなる。実際、すべての植民地帝国は、そういう感覚を基礎として築かれているのである。彼らは茶色の顔している―それに、なんという数だ。彼らは自分と同じ生き物なんだろうか? 名前なんてあるんだろうか? いや、あれは単にまだ分類されていない茶色のしろもので、蜂やサンゴ虫のように群れとして一つの個体といった類の生き物ではないのか? 彼らは土から出てきて、数年間、汗を流し、飢えを忍んだ後、名もない墓場に戻っていくが、いなくなっても誰も気がつかない。そして墓場そのものもまもなく土に戻っていく。時折、散歩に出て、ウチワサボテンの間を通っているときに、地面がでこぼこしていることに気づくかもしれない。ある程度規則的に出合うようであれば、それは人骨の上を歩いているのである。
(マラケシュ,1939年)

As the corpse went past the flies left the restaurant table in a cloud and rushes after it, but they came back a few minutes later.
The little crowd of mourners – all men and boys, no women - threaded their way across the market-place between the piles of pomegranates and the taxis and the camels, wailing a short chant over and over again. What really appeals to the flies is that the corpses here are never put into coffins, they are merely wrapped in a piece of rag and carried on a rough wooden bier on the shoulders of four friends. When the friends get to the burying-ground they hack an oblong hole a foot or two deep, dump the body in it and fling over a little of the dried-up lumpy earth, which is like broken brick. No gravestones, no name, no identifying mark of any kind. The burying-ground is merely a huge waste of hummocky earth, like a derelict building-lot. After a month or two no one can even be certain where his own relatives are buried.
When you walk through a town like this – two hundred thousand inhabitants, of whom at least twenty thousand own literally nothing except the rags they stand up in - when you see how the people live, and still more how easily they die, it is always difficult to believe that you are walking among human beings. All colonial empires are in reality founded upon that fact. The people have brown faces- besides, there are so many of them! Are they really the same flesh as yourself? Do they even have names? Or are they merely a kind of undifferentiated brown staff, about as individuals as bees or coral insects? They rise out of the earth, they sweat and starve for a few years, and then they sink back into the nameless mounds of the graveyard and nobody notices that they are gone. And even the graves themselves soon fade back into the soil. Sometimes, out for a walk, as you break your way through the prickly pear, you notice that it is rather bumpy underfoot, and only certain regularity in the bumps tells you that you are walking over skeletons.
(Marrakech,1939,An Age Like This 1920-1940,p.426-427)


2010.6.5のエントリ修正。



このエントリーのタグ: 引用句 George_Orwell
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー