トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
151位
アクセスランキングを見る>>

オーウェル02:革命家オーウェル


(大意)
私は、年収が5万ポンドある人間と、週15シリングを稼がなければならない人間が、互いに協力できるとか、協力しようとするだろうとかは思わない。相互の関係の本質はきわめて単純で、追いはぎと被害者の関係である。追いはぎが突然改心するだろうと考えるべき理由はどこにもない。したがって、もし西欧諸国における資本主義の問題が解決されるべきだとしたら、三番目の選択肢を通じて、すなわち純粋に革命的な運動によって、根本的な変革によって、必要ならば暴力を用いて―しかしながら共産主義やファシズムのように民主主義の本質的価値への感覚を喪失してしまうことなく―なされなければならないだろうと思う。
(書評:フランツ・ボルケナウ著「国際共産主義者」,1938年)

I do not believe that a man with £50,000 a year and a man with fifteen shillings a week either can, or will, co-operate. The nature of their relationship is quite simply, that the one is robbing the other, and there is no reason to think that the robber will suddenly turn over a new leaf. It would seem, therefore, that if the problems of western capitalism are to be solved, it will have to be through a third alternative, a movement which is genuinely revolutionary, i.e. willing to make drastic changes and to use violence if necessary, but which does not lose touch, as Communism and Fascism have done, with the essential values of democracy.
(Review :The Communist International by Franz Borkenau,1938,An Age Like This 1920-1940,p.388)


2010.6.5のエントリ修正。



このエントリーのタグ: 引用句 George_Orwell
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー