トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
151位
アクセスランキングを見る>>

オーウェル01:スターリンへのインタビュー


(大意)
著者は一度、スターリンへのインタビューに成功しており、スターリンは単純で感じの良い人物であったと言っている。そういえばH.D.ウェルズも同じことを語っていた。事実、少なくとも映画の中では、スターリンは好ましい顔をした人物である。また、アル・カポネは最高に良き夫・良き父であったし、「浴槽の花嫁」で有名な連続殺人犯ジョセフ・スミスは、7人の妻のうちの3人を殺害しながらも、彼を心から愛してくれた最初の妻の元にいつも戻っていったのだった。
(書評:ユージーン・リヨン著「ユートピアにおける課題」,1938年)

He once succeeded in interviewing Stalin, and found him human, simple and likeable. It is worth noticing that H.G. Wells said same thing, and it is a fact that Stalin, at any rate on the cinematograph, has a likeable face. Is it not also recorded that Al Capone was the best of husband and fathers, and that Joseph Smith (of brides in the bath fame) was sincerely loved by the first of his seven wives and always returned to her between murders?
(Review: Assignment in Utopia by Eugene Lyons, 1938,An Age Like This 1920-1940,p.371)


2010.5.10のエントリ修正。



このエントリーのタグ: George_Orwell 引用句
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー