トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
3位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

模擬試験の感想と今後の予定

試験時間はリスニングが100問、リーディングが100問の計200問。
時間は、ヒアリングが45分。リーディングが75分。
本番の試験と同じ。

リスニングは付属のCDを聞きながら進み、リーディングは試験問題を読んで回答する。
いずれもマークシート。

模擬試験をやった感想は、リスニングはやはり難しかった。まったく聞き取れないものもかなりあった。
三択、四択なので、あてずっぽうで当たったものもあるので、点数は実力より高めに出ているはず。

リーディングの方は88問目で時間がなくなった。
ビズネス系や日常生活で使う文章が多く、そういうものにはあまり慣れてないので、(使われている単語の種類が小説とは違う) やはり難しかった。

リスニングは100問中58問正解。
リーディングは100問中88問回答し、69問正解。

テキストの巻末に得点換算表によると。
リスニング 335点
リーディング 365点
合計 700点

なぜこんなことをこと細かに書いているかというと、9月末に上海で国際会議があるので、それに向かって英語を勉強しようと考えているからです。これから5ヶ月間でどれだけ成績が上がるかチャレンジしてみようと思います。
3ヶ月後に第二回目の模擬試験をしてみよう。

「無理なく続けられる…」の本の中に、勉強を続けるための仕組みとして、「ある程度の投資をして自分を追い込む」というのがありますが、投資するかわりに、ここで吹聴して勉強せざるをえないようにしているわけですが、さあ、はたしてどうなるでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント