トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
14位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

+ アーカイブ
 

2010年02月のエントリー一覧

  • An Age Like This 1920-1940  その2

    An Age Like This 1920-1940 The collected Essays, Journalism and Letters of George Orwell Vollume1本書の冒頭に掲げられた「なぜ書くか」(Why I Write:1946)というエッセイの中で、The Spanish war and other events in 1936-37 turned the scale and thereafter I knew where I stood. Every line of serious work that I written since 1936 has been written, directly or indirectly, against totalitarianism and ...

  • An Age Like This 1920-1940  その1

    An Age Like This 1920-1940 The collected Essays, Journalism and Letters of George Orwell Vollume1George OrwellPenguin Books P624ジョージ・オーウェルは、1903年に生まれ、1950年47歳で死んだ英国の作家で、「1984」、「動物農場」で有名である。本書は、彼のエッセイ、ルポルタージュ、手紙を集めた全4巻の全集の第1巻。1920年から1940年までの分が集められている。年齢で言うと、17歳から37歳まで。時代でいうと、191...

  • それでも岡田監督を擁護する!  日本 1-3 韓国

    というのは嘘。いくらなんでも、あの試合はない。どういう状況下でもやってはいけないことというのがあって、サッカー日本代表が、こともあろうに国立で韓国に惨敗というのは、その中の最たるものの一つ。韓国もかなりヘッポコだったが、日本はそれ以上にひどかった。中盤から先にボールが進まない。DFの前でウロウロするのが精一杯。シュートができない。選手に躍動感がない。だから試合がちっとも面白くいない。この糞詰まり感...

  • 2月12日(金) 帰国

    蘇州から上海空港まで、リムジンバスで向かうことにした。写真はリムジンバス乗り場。いろいろな店舗が入った新しいビルの一階にあるが、まわりはすべて休み。隣にカフェ風の店があったが、2月1日から一ヶ月休みというのは豪快だ。待合室の内部。奧に座っている2人が切符を売る係。あたりまえのようにパソコンとモニターがあるが、5年前からすると信じられない。道の向かい側にはトイザらス。ただし人出はない。ここも休みのよ...

  • 2月11日(木) 張家港

    蘇州市中心部から北に向かって車で一時間。張家港市は蘇州広域市の一部で、戸籍人口は約80万。実際は140万人という。福岡市と同規模の人口だが、中国では小さな小さな街だ。揚子江域に港があり、そこは大規模な経済特区となっている。今日は寒い。零度だって。おとといは18度あったのだが。雨も降っている。お昼に中華料理をごちそうになり、お酒をけっこう勧められた。中国では3日後の14日から正月となり、われわれはその...

  • 2月10日(水) 蘇州

    昨日の夕方、蘇州市に移動。上海から西に向かって車で2時間。途中で日が暮れたが、闇の中に高層マンションやオフィスビルが次々に現れてきて、煌々と輝く光が繁栄ぶりを物語る。蘇州市の戸籍人口は680万だが、IT関係で働く若い人々の流入が多く、実際は1000万人を越すという。巨大な経済都市に変化しつつある蘇州市だが、もともと古い歴史と文化のある街だ。(なにしろ紀元前の春秋戦国時代に臥薪嘗胆、呉越同舟の舞台となった場...

  • 2月9日(火) 上海

    万博を5月に控え、交通渋滞がひどい。上海は空気も悪く、昨日の霧もスモッグのせいなのかもしれない。観光地で有名な旧市街地 ( 外灘( がいたん):英語名バンド )の川沿いは工事中。ここも上海万博の会場の一部になるらしい。あわせて地下を掘っていて、交通渋滞緩和のため、地上を走る車の7割は地下を走らせるようにするそうだ。2年前に来たときもこのあたりを工事していたが、そういうことだったのか。あいかわらずやるこ...

  • 2月8日(月) 上海

    2月8日(月) 上海上海空港が霧のため着陸できず、1時間離れた福建省福州の空港に着陸。福州は地図を見ると、上海から1000キロ南に下ったところで、台湾がすぐ近くだ。乗客は機内で待機。膨大な数が離発着する上海空港が使えないとなると、混乱が大きくて回復はいつになるかわからないない。せっかく福州まで来たんだから降ろしてくれないかな、などと暢気なことを考えていたら、1時間ちょっとで再出発となった。また1時間か...

  • 2月7日(日) 福岡

    2月7日(日)今日も出勤。ただ例の懸案事項が片づいてしまったので、気は楽だ。夕方帰る。ずいぶん前からジョージ・オーウェルのエッセイ・手紙の全集を読んでいるのだが、1920年イートン校時代から始まって、ようやく1938年の第2時世界大戦前夜まできた。この年はオーウェルがカタロニア賛歌を出版した年。またヒトラーがオーストリアを併合した年である。大戦勃発は翌年9月だ。戦争にむけて突っ走っていく当時のヨーロッパの雰...

  • 2月6日(土) 福岡

    2月6日(土)う~む。土曜日というのに朝から打合せが4つ。そのあと夜まで働く。頭が疲れた。日本代表の試合、日本対中国は今日だったかな。忘れていた。0-0だったようだが、大丈夫かね。...

  • 2月5日(金) 福岡

    2月5日(金)ようやく懸案の仕事が片づいた。それを抱えて韓国中をウロウロしながら、暇を見つけては作業していたわけだが、メールで送信してホットした。たいして難しくないのだが、量があるので気が進まず、延々と先延ばししたらついに相手の怒りを買って、なにがなんでも仕上げなければならないはめに陥ったわけ。ま、自業自得です。...

  • 2月4日(木) 福岡

    2月4日(木)韓国で気がついたのだが、特にソウル駅では、軍服を着た人が多かった。軍服には2種類あって、緑と茶色の迷彩服と、トレンチコートと帽子とアタッシュケースといういわゆる士官風の格好。武器を持っているわけではなく、旅行中のようだった。つまり、一般の人達の中を、軍人が軍服を着て歩いている。列車の中にもいたし、町中でもよく出会った。高校生が制服で歩いているぐらいの感じで、本人も周りもきわめてそれが...

  • 2月3日(水)釜山 

    2月3日(水)同行者はそのまま大邱に残ったので、昨晩は一人で釜山に戻ってきた。酔っていたので朝まで寝てしまった。午前中はプライスホテルの殺風景な部屋で仕事。でもけっこうはかどった。昼前にロッテホテルのコーヒーショップに移動。なんとここでは無線LANが使える!日本人と韓国人の2人と落ち合い、一緒に昼食ということになった。日本人のJさんは韓国語ができる。韓国人のKさんは英語ができる。会話は、だからこうい...

  • 2月2日(火)ソウルー大邱ー釜山

    2月2日(火)午前中にソウルに移動。KTXでちょうど2時間。4時頃には起きていたので、座ったとたん寝てしまい、途中記憶なし。今朝のソウルはマイナス9度で漢江も凍っていたらしいが見逃してしまった。大邱には11頃着。夕方まで仕事。夜10時、大邱から釜山へ。KTXで1時間。酔っていたのですぐ寝てしまい、途中記憶なし。プライス・ホテル泊。安いのはいいけれど、ネット回線無し。やっぱりすぐ寝る。...

  • 2月1日(月)釜山ーソウル

    2月1日(月)午前中に釜山からソウルに移動。韓国の新幹線であるKTXでちょうど3時間。朝まで起きていたので、座ったとたん寝てしまった。途中記憶なし。タクシーで東横イン・ソウル東大門へ。しかしなぜかアンバサダーホテルに到着。「ちがうちがう、ここじゃない」といって地図を見せるが分からないらしく、それからあちこちをウロウロ。携帯でホテルに電話をかけて、運転手にフロントと話してもらって、ようやくたどり着いた。男...

  • 2月1日(月)釜山

    2月1日(月)年度末が近いので、真夜中に起きて、釜山のホテルで仕事をしているわけである。テレビをつけると、サッカーの試合をやっていた。ルーニーが出ている。朴智星も出ている。とするとマンチェスターユナイテッドの試合か。はじまったばかりだが、ついつい見てしまう。アナウンサーはもちろんハングル語。パクチソンを連呼している。マンUは押され気味。相手はどこだ?ベンゲル監督が映る。とするとアーセナル対マンUか。...

  • 1月31日(日)釜山

    というわけで、釜山に来ている。釜山は昨年12月、クリスマス前に立ち寄ったばかり。韓国はもう飽きた。別の国に行ってみたい。とりわけ釜山は福岡から近く、飛行機で上ったと思ったら、もう着陸だ。その間に機内食が出るのだが、飛行時間は30分しかないから、スチュワーデスは忙しいことこの上ない。上昇中にもうエプロンに着替えて配り出す。ややこしいものは食べる暇がないから、今回はコンビニのオニギリ(笑)国際便だからとい...