トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
19位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 

2009年06月のエントリー一覧

  • 終わりのはじまり

    ビジョンとは、毎日行っているその仕事が、いったいどの方向を目指しているのか、その方向で進んでいった際の到達点はどういうものであるかを言葉や図で現したものですから、どんな組織でもビジョンがないなんてことはありえない。組織があること=ビジョンがあることといってもいい。そのビジョンの実現のために人が集まり、毎日活動しているわけですから。金が無かいからビジョンが立てられないなんて原理的にあり得ない。ないと...

  • ややこしいことや難しいこと

    なかなか思い通りにはいきませんねえ。世の中には、ややこしいことや難しいことから、できるだけ遠ざかって過ごそうとする人がいますから。仕事なんですから、ややこしいことや難しいことがあるのは当たり前なんですがねえ。それで喰っているはずなのに。問題点を指摘されたとき、それを聞いてしまうと問題点を認めたことになる、いやそのもっと手前の、相手が問題点だと考えていることをこちらが知ってしまうことになる、そうする...

  • J2 第21節

    福岡 1-0 仙台  後15(福岡)岡本 3位の仙台に勝って他チームから「よくやった」とか「グッジョブ」とかいって誉められるのは4位甲府サポからならわかるが、それ例外のは、かっての水戸に対する扱いと同じだなあ。 アビスパもそこまで落ちたか。 まあしかたがない。 草津 2-2 愛媛  前25(愛媛)赤井  前40(愛媛)ジョジマール  後13(草津)後藤  後28(草津)小池 札幌 1-1 徳島  前26(札幌)キリノ  後21(徳島...

  • 日本版LLC(合同会社)はこうつくる

    五十嵐博一・渋谷雄大日本実業出版社p174アビスパを変えようと思ったら、親会社から変えないとしょうがないと思うんだが。といっても、会社組織のことはよくわからないのでちょっと勉強。LLCは 「合名会社」 といって、ひとりでもつくれる会社。有志一同でLLCをつくってアビスパを買い取ったらどうだろうか。というのは冗談で、だいいちそんなお金がどこにあるというんだ。簡素な本だけれども、LLP(有限責任事業組合) との違い...

  • W杯アジア最終予選 ウズベキスタン 0-1 日本

    6月6日。審判のおかげでテレビ番組的には面白い試合になったが、負けそうな雰囲気はちっともなかったし、結果が引き分けでも圧倒的有利は変わらないので、安心して見ることができた。新しい顔である中村憲剛、長谷部誠、岡崎慎司には頑張って欲しいなあ。それと松井選手も。とくに中村選手については、松田監督時代の一年目と二年目に戦った相手。記憶には残ってないが、博多の森で見ているはず。いまや代表の中心選手だ。5年前に...

  • J2 第20節

    第20節は6月7日と9日。 仙台 2-0 岐阜  前34(仙台)マルセロ・ソアレス  前44(仙台)平瀬 水戸 0-1 甲府  前37(甲府)金 岡山 0-2 大阪  後40(大阪)柿谷  後44(大阪)柿谷 熊本 1-1 横浜  前16(熊本)宮崎  後23(横浜)難波 札幌 1-2 鳥栖  後07(札幌)キリノ  後29(鳥栖)高地  後34(鳥栖)ハーフナー 富山 0-3 東京  前17(東京)滝沢  後19(東京)大黒  後40(東京)林 福岡 1-2 草津 ...

  • J2 第19節

    第19節が行われた6月3日はインドネシア出張中。 海外旅行中に起こる世界的な事件とは、「アビスパの勝利」だったのか。 なんて言ってみても、ちっとも面白くないな。 横浜 0-1 福岡  前10(福岡)大久保 哲哉 仙台 1-0 岡山  後01(仙台)マルセロ・ソアレス 栃木 0-1 札幌  後10(札幌)砂川 湘南 3-3 熊本  前15(熊本)西  前18(熊本)西  前38(湘南)寺川  前44(熊本)チョ・ソンジン  後17(湘南)アジエ...

  • 社会が変わるマーケティング~民間企業の知恵を公共サービスに活かす

    フィリップ・コトラー/ナンシー・リースカイライト・コンサルティング=訳英治出版p421行政におけるマーケティングの必要性とそのめざましい効果を具体例を通して紹介。実践のためのノウハウも満載。名著だと思う。ただ、翻訳がな~。無味乾燥で、読んでいてちっとも面白くない。翻訳が個人名ではなく会社名になっているのも気にくわない。文責は誰なんだろう。こういう文章って、えてして誤訳が多かったりするんだよなあ。原文で...

  • インドネシアを囓る

    加納 啓良めこん社p271先の本と同じ著者。インドネシア現代史の第一人者なのだろうと考え、一緒に買った。こちらはもうちょっとくだけた感じのエッセイ風だろうと思ったのだが、けっこう歯ごたえがあって、私のような即席でインドネシア知識を得ておこうという者向きではなかった。ある程度インドネシアのことを知っている人が、暇なときにぽつぽつ楽しみながら読む本。選択をミスった。...

  • インドネシア繚乱

    加納 啓良文藝春秋社文春新書p220インドネシアに行く前に、インドネシアの概要を勉強しておこうと思って買った本。本屋に行っても、バリ島のガイドブックはたくさんあるけれども、インドネシアやジャカルタの本はあまりなかった。インドネシアの歴史や政治的な流れを知るにはいい本だったけれども、残念なことに2000年の政治動乱に焦点があてて、その直後に書かれた本なので、最近の動向はわかなないままだった。ちょっと選択をミ...

  • 定年性依存症ー「定年退職」で崩れる人々

    岩崎正人WAVE出版p207依存症の専門家である著者によると、定年退職後、「アルコール依存症」 「出会い系依存症」 (いい年をして出会い系サイトにはまり金を注ぎ込む) 「ギャンブル依存症」 に陥る人が急増しているという。そういう人々は、そもそも働いているときから、「仕事依存症」 にかかっていることが疑われるという。定年によって依存対象が失われたため、その代替物として、酒やネットやパチンコにはまり込む。仕事に依...

  • インドネシア 6日目 (6/6)

    2009年6月6日(土)昼食後、チルボーンからジャカルタに戻り、空港に向かう。空港に着いたのが午後7時。出発は午後10時。無線LANがつながる店があったので、ネットを見ながら時間をつぶす。飛行機は帰りも大韓航空。映画を見ようと思ったら、座席の背中の小型モニターがついていない便だった。夜はおとなしく寝ろということだろう。途中で2時間プラスして、朝7時にソウルのインチョン空港到着。8時発の福岡空港行きに乗り換え。...

  • インドネシア 5日目 (6/5)

    2009年6月5日(金) いよいよ今日が最終日だ。早朝、ウトウトしているとコーランがいくつものスピーカーから流れていた。昨日までのホテルと同様、このホテルにもプールが備えてある。時間に余裕がある とわかっていたら、水着をもってくるべきだったな。赤道直下の国に来て、そうガシガシ働くものでもなかろう。日中は背広とネクタイなのだが、暑さはあまり気にならない。外にほとんど出てないからな。逆に、きのうの列車は寒い...

  • インドネシア 4日目 (6/4)

    2009年6月4日(木) 今日は8時にホテルを出発。特急でチルボーンという街へ。チルボーンはバンドンよりずっと東にある人口140万人ぐらいの都市。140万人といったら福岡市と同じぐらいの規模だが、グーグル・マップで見ても倍率を大きくしないとなかなか出てこない。初めて聞く名前だが、将来的にはここに首都が移転される予定だという。ジャカルタから列車で3時間以上かかる。この路線はインドネシアでもっとも利用者が多く、儲か...

  • インドネシア 3日目 (6/3)

    2009年6月3日(水) 20時今日の会議場所はインドネシア大学。日本でいえば東大みたいな大学らしい。学生数4万。ホテルを朝7時に出発し、車で1時間。緑に囲まれた自然環境豊かなところでした。学内にはジルバブをかぶった女生徒や職員がたくさんいた。新たな発見。ジルバブをかぶった女性はダサく見えると思っていたのだが、これは間違い。美人はジルバブをかぶってもかぶらなくてもやはり美人。日本語の達者な学部長が、うちの大...

  • インドネシア 2日目 (6/2)

    2009年6月2日(火) 20時朝8時から会議。会場は宿泊しているホテル内。夕方6時半から食事。会議の主要メンバーで車でレストランにいって、帰ってきたら8時だった。もう外には出ないので、これで一日が終わり。会議には女性も数多く参加していて、頭のスカーフ(ジルバブ)をしている人も多くいた。日本でみるとかなり抵抗感がある格好だが、ここではあたありまえのなので、すぐ見慣れて違和感が無くなった。インドネシア、マレ...

  • インドネシア 1日目 その2 (6/1)

    2009年6月1日 24時日本時間は深夜の2時。時差はマイナス2時間。時計を2時間戻す。飛行機には6時間乗っていた。機内の映画で「狼たちの午後」と「ベンジャミン・バトン」を見た。クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」を見る時間がなかったのは残念。映画はシートの後ろについている小さな画像で観たのだが、日本語字幕がないので不明な部分が多い。まあ英語の予行演習です。ジャカルタ空港には夜9時半に到着。入国管...

  • インドネシア 1日目 (6/1)

    2009年6月1日(月) 13時インドネシア出張なので、いまソウル空港。乗り換えのため3時間待ち。さきほど福岡発ソウル着の大韓航空機から降りてきたのだが、飛行機と空港の間の通路でマスクをした係官が乗降客の耳元に小型のセンサーみたいなものを当ててチェックしていた。新型インフルエンザ予防のため体温を計っているのだろう。おかげで通路は大渋滞。こんなところで大勢を足止めしていたら、もし感染者がいた場合は皆に伝染っ...