トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
11位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

2006年12月のエントリー一覧

  • 団塊・シニアビジネス

    村田裕之ダイヤモンド社p227「シニアビジネス」の続編。ビジネスのノウハウを説明している本文は、正直言って、あまり興味が湧かない。しかし、終章の「ジェロントロジーとその意義」、エピローグの「シニアビジネスで世界のリーダーになれる日本」はまったくそのとおりだと思った。ここだけでも読む価値はある本だ。...

  • 開発途上国の高齢化を見据えて ~新しい支援・協力への視座~

    JICA(独立行政法人 国際協力機構)客員研究員報告書大泉啓一郎梶原弘和新田目夏実p125 これから東アジア諸国の高齢化は、これまで世界最速といわれていた日本以上のスピードで進むが、これらの国々の問題点は、先進諸国と違って、国民が豊かになる前に高齢者が激増するという点である。日本では高齢化の進展による将来の社会保障制度の破綻が懸念されているが、開発途上国では、そういった社会保障制度がないままで高齢社会に突入...

  • イビチャ・オシムの真実

    ゲラルト・エンツィガー/トム・ホーファー平 陽子=訳エンターブレインp223 表紙の写真は鬼瓦みたいだ。魔除けのために家のどこかに飾ってあるらしく、手元に本が見つからない。あとで屋根を見てみよう。この本はオシム監督がジェフ千葉の監督になる以前、オーストリアで発売されたもの。ヨーロッパでの活躍が中心であり、最後に日本の分が追加されている。オシムファンの間では、この本の存在は早くから知られていて飜訳が待た...

  • 初恋

    トゥルゲーネフ沼野 恭子=訳 光文社古典新訳文庫8p184これはもう読んでみてくださいとしかいいようのないみずみずしい物語。ウラジミールのジナイーダへの初恋と失恋の物語。ウラジミール 16歳ジナイーダ 21歳ジナイーダの彼氏 40歳代。年齢構成的にも申し分ない。ウラジミールに勝ち目があるはずがないですね。これも、いまぐらいの年になると、落ち着いて読めるなあ。...

  • 海に住む少女

    シュペルヴィエル永田千奈=訳 光文社古典新訳文庫 7p189この作家の作品ははじめて読みましたが、訳者があとがきで言っているように、「フランス版宮沢賢治」という紹介が一番近いのかもしれない。ただ、宮沢賢治には土着的なはだざわりを感じることができるけれども、シュペルヴィエルはもっと抽象的で透明感がある。それは、言葉のせいかもしれません。宮沢賢治の日本語をわれわれはそのまま読めるので、そう感じるのかもしれな...

  • イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (3)

    クロイツェル・ソナタといえばべートーヴェンの有名な曲だけれども、どんな曲なのかは知らない。聴いたことがあるかもしれないけれどメロディは浮かんでこない。しかしこういうタイトルだから、きっとロマンチックなストーリーなんだろうなと思って読んでみたら性欲の話なのでびっくりした。こんなに有名で偉大で、しかも道徳的倫理的傾向が強いと思っていた作家の作品が、男女の肉体関係のことばかりだなんてスゴイ。だからといっ...

  • イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (2)

    つまりここで出てくる人々の姿は、まさにわれわれ自身の姿なのである。世の中とはそんなものだろう。そうしてそれが悪いとは思えない。しかしトルストイは違う。トルストイが主人公に語らせているのは、そういう生活は、人生は、無意味であり、偽善であり、嘘っぱちだということである。死を目前にしたイワン・イリイチは、煩悶する。煩悶して、次第に真相に近づいていく。結婚……そして思いがけない幻滅、妻の口臭、肉欲、偽善! ...

  • イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (1)

    トルストイ望月哲男=訳光文社古典新訳文庫 6 p364 トルストイが死んだのは1910年。20世紀に入ってからである。シェイクスピアが活躍したのが1600年代で、日本でいえば江戸時代にあたる。にもかかわらず登場人物の言葉や行動が今のわれわれに強く訴えかけてくるのは驚くべきことで、ハムレットなどは、主人公が現代人であってもちっともおかしくない。それがシェイクスピアのすごさであり、普遍性なのだろう。ただシェイクスピアの...

  • 新聞記事

    ちょっと前ですが、仕事の関係で新聞社の取材を受けた。何月何日に記事にするからと聞かされて、2、3回延びたので、あまり期待できないのかなと思っていたら、つい先頃紙面の4分の1近くを使ったけっこう大きな記事になっていたのでびっくりした。記事が出る前までは、新聞に取りあげられたらいったいどういう反応があるんだろうと、心配したりワクワクしたりしていて、実際の記事もこんなに大きかったので、これはひょっとした...

  • 休日出勤

    クリスマス近くの天神は華やかで、あちこちでクリスマスソングが鳴っている。けれども、こっちは仕事で出勤。そういえば、毎年、この時期はいつも忙しいな。暖かいのでなんだか眠たくて仕方ない。...

  • リトバルスキー監督

    2003-4年に横浜FCの監督でしたね。そのときの成績。2003年11位 勝点42 44試合 10勝 12分 22敗 得点49 失点88 差-392004年08位 勝点52 44試合 10勝 22分 12敗 得点42 失点50 差-08年間10勝以上できるかどうかが焦点になりそう。ほんとに彼でいいんだろうか。監督として飛躍的に成長していることを切に期待。...

  • 入替戦第二戦 福岡 1-1 神戸

    12月9日(土) 16:00キックオフ 天候:曇一時雨/気温:11.9℃/入場者数:13102人GK 水谷DF 吉村 宮本亨 千代反田 アレックス MF 久藤 ホベルト 佐伯 古賀誠史 FW 布部 飯尾交代 後半17分 久藤→田中佑昌 後半19分 飯尾→城後 後半33分 吉村→薮田得点 後半15分 近藤 祐介(神戸) 後半39分 布部 陽功(福岡)思ったより観客が少ない。チケットの売れ行きが芳しくないとは聞いていたが、アビスパの生死がかかっ...

  • 入替戦第一戦 神戸 0-0 福岡

    12月6日、入替戦第1戦。GK 水谷DF 吉村 宮本亨 千代反田 アレックス MF 久藤 ホベルト 佐伯 古賀誠史 FW 布部 飯尾 一慶 交代 後半40分 久藤→城後 後半41分 飯尾→田中佑昌 神戸の成績は、バクスター監督帰国後、14試合で5勝5分4敗。得点26 失点22 差2最後の6試合は、0勝3分3敗 得点8 失点11 差ー3チームの指揮を採っていたペドロ・コーチは入替戦を前に休養。成績の急降下ぶりを見れば、それもありだろう。代わ...

  • 第34節 福岡 1-1 甲府

    12月2日(土) 14:00キックオフ天候:曇/気温:11.2℃/入場者数:14703人GK 水谷DF 吉村 宮本亨 千代反田 アレックス MF 久藤 ホベルト 佐伯 薮田FW 布部 飯尾交代 後半19分 布部→城後 後半32分 飯尾→田中佑昌 後半44分 久藤→バロン得点  後半02分 保坂 一成(甲府) 後半23分 佐伯 直哉(福岡)ピッチに出てきたとき、GK水谷がサポーター席に深々と一礼。セレッソとの勝点差は1。相手の方が1多い。アビスパ...

  • J2 第52節 結果

    J2最終戦。12月2日(土)前節までの状況は、 01 横浜 勝点90 25勝 15分 07敗 +27  02 神戸 勝点86 25勝 11分 11敗 +26  03 柏レイ 勝点85 26勝 07分 14敗 +21 横浜FCは1試合を残して優勝。神戸は勝てば2位で昇格。引き分けでも、柏が勝てなければ昇格。柏は、自分が勝って、神戸が引き分けるか負けるかしてくれないとアウト。湘南 0-3 柏 (平塚/9,704人) '33 フランサ(柏) '53 石川直樹(柏) '64 ...

  • J2 第51節 結果

    11月26日(日)に行われた第 51 節の結果。最終節の一節前の試合である。前節までの状況は、 01 横浜 勝点87 24勝 15分 07敗 +26  02 神戸 勝点85 25勝 10分 11敗 +26  03 柏レイ 勝点85 26勝 07分 13敗 +22 この第51節では、 横浜FCが鳥栖に1-0で勝利 神戸は、湘南に2-2の引き分け 柏レイソルは札幌に2-3で敗北その結果、 01 横浜 勝点90 25勝 15分 07敗 +27  02 神戸 勝点86 25勝 11分 11敗 +26  ...