トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
4位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

2005年09月のエントリー一覧

  • J2 各クールの成績推移

    それでは、1、2、3クール毎の成績を見てみます。数字は勝点です。各クールの順位と勝点第1クール    第2クール    第3クール     合計01京都 29   01京都 25   01福岡 22   01京都 72  02山形 19   02札幌 22   02山形 19   02福岡 58  03福岡 18   03仙台 20   03甲府 19   03山形 50  04甲府 18   04福岡 18   04京都 18   04甲府 49  05湘南 ...

  • J2 第3クールの結果

    J2の結果も書いとかなくては。第33節終了時01 京都 勝点72 22勝 06分 05敗 得点62  失点31 差3102 福岡 勝点58 15勝 13分 05敗 得点51  失点32 差1903 山形 勝点50 12勝 14分 07敗 得点41  失点29 差1204 甲府 勝点49 13勝 10分 10敗 得点57  失点47 差1005 仙台 勝点47 13勝 08分 12敗 得点49  失点37 差1206 札幌 勝点46 13勝 07分 13敗 得点36  失点41 差-0507 徳島 勝点4...

  • J1最近8試合の成績

    前のエントリで、下位チームの最近8試合の結果を見たので、ついでに全体を並べてみました。すると意外な事実が…。01 C大阪 勝点17 5勝 2分 1敗 得点14 失点10 差0402 千 葉 勝点17 5勝 2分 1敗 得点10 失点06 差0403 G大阪 勝点16 5勝 1分 2敗 得点21 失点15 差0604 川 崎 勝点16 5勝 1分 2敗 得点13 失点09 差0405 浦 和 勝点15 4勝 3分 1敗 得点14 失点10 差0406 広 島 勝点14...

  • J1残留争い

    J2の昇格争いもほぼメドがついてきたような気がする。京都、福岡の昇格はまず間違いないところ。3位以下はまだ混沌としているけれど、それはもうアビスパとは関係ない話(ああ良い気分)。いま気になっているのが、J1の残留争い。ガンバと鹿島の首位争いはもちろん気になるが(もっと混戦になりそうだし)、それよりも骨身を削る降格戦の方が面白い。現在のJ1下位の順位は、11 新 潟 勝点30 差-10 12 清 水 勝点28 差-...

  • 第33節 福岡 2-2 甲府

    引き分けたのかあ。せっかく3位の山形が敗れたのに。ここで甲府を叩いておけば、3位山形との勝点差10、4位甲府との勝点差11になり、両チームに引導を渡すことができると思ったんだけどなあ。まあ、逆転されたのを追いついたんだから、よしとすべきかな。ポジティブにいこう、ポジティブに。第3クールが終わったのか。次節からは、いよいよ大詰め第4クール。福岡の対戦相手は、第34節 湘南(A) 09/30 19:00第35節 山形(H) 10/05...

  • NANA (2)

    ただし、この映画で決定的に欠けているものがある。それは音楽の量だと思う。ボクシング映画でボクシングのシーンがお粗末だったり、野球映画で野球のプレーがヘタクソだったりすると非常にシラケルものだけど、それ以前の話として、ボクシングのシーンががほとんどないボクシング映画や野球の場面がほとんどない野球映画とかいうのはありえないだろう。この映画の実質的な主人公はボーカルのナナで、彼女の愛の喪失と獲得とがこの...

  • NANA (1)

    日本製のロック映画といえば、これはもう薄っぺらなものしかにしかならないだろうということは、見る前から想像がつく(石井聰互の「爆裂都市」という例外はあるけれども)。加えてマンガ作品の映画化ということになれば、アニメ以外では、底の浅いものしかで期待できないというのは常識といっていい(「ピンポン」という例外はありますが)。NANAはこの2つに挑戦するわけで、そのハードルは非常に高い。映画として評価に値するも...

  • 春眠不覚暁状態

    ここ1週間、海外からのお客さんを迎えて非常に忙しかったので、それが終わり、虚脱状態。とにかく眠いです。といっても、年のせいか、5時には目が覚めてしまうけど。それから寝るのが、また気持ちいい。海外からは、中国、韓国、台湾。国内は、東京、山口から。総勢11人。2人を除いて全員日本語が話せるので非常に楽でした。4ヵ国が集まって日本語が共通語というのも不思議な話です。でも、英語圏の人って、いつもこんな感じなん...

  • アジアの少子高齢化と社会・経済発展

    店田 廣文 編早稲田大学出版部p297これも仕事関係。今後、東アジア諸国で少子高齢化が急速に進むといわれているが、その状況について、断片的な情報はあっても、まとまったものがなかなかなかった。早稲田大学人間科学学術院、嵯峨座晴夫教授の退職記念として出版された本書は、この面からアジア全体を俯瞰しており、便利に使えそうな本である。...

  • シニアビジネス「多様性市場で成功する10の鉄則」

    村田裕之ダイヤモンド社p219仕事関係で読んだ本。しかし非常に面白い本で、もう一度読んでみようと思う。日本は急速に高齢化したせいで、この分野に関するビジネスが需要に追いついていないのに対し、アメリカでは高齢化がなだらかに進み、しかも起業家精神が旺盛なこともあって、シニアビジネスの成功例・失敗例が山ほどある、という指摘は、ナルホドと思わされる。そしてさまざまな事例が取り上げられているが、団塊の世代をター...

  • 反省を、強いられる

    むむ。まあ厳しいことではあるが、決して悪いことではない。自業自得といえば自業自得であるし。有り難い存在に対して、むしろ感謝しなければならないことのはず。ただ頭ではそう分かっていても、気持ちと行動はすぐにはついていけない。慣性の法則、というと言い訳じみてくるが、ある程度仕方がないことではある。時間とともに次第に変わっていくものだと思う。...

  • 第32節 札幌 1-3 福岡

    福岡快勝 !! この結果、勝点は、 01 京都 6902 福岡 5703 山形 5004 甲府 48 05 札幌 4606 仙台 44  3位山形も勝ったせいで、勝点差7は変わらないけれど、4位甲府が引き分け、5位札幌負けで、その下との差が広がった。 まだ油断はできないが、これからのJ2の焦点は、山形~仙台の3位争いになってきそうだ。...

  • 第27節 山形 1-0 札幌

    延期になっていた第27節のこのカードが9月14日に行われました。4位と5位の試合。 昇格戦線に残るためには、どちらも負けられない試合ですが、下位の山形にとっては特に重要。ホームでもあります。結果、山形の勝ち。得失点差の関係で、5位から一気に3位に浮上。大きな一勝でした。敗れた札幌は、次節は2位福岡と対戦。現在その福岡との勝点差8、敗れれば11。厳しくなってきた感じです。...

  • 東アジア地中海の時代

    小川 雄平明石書店P138仕事で読んだ本。福岡市総合図書館で借りました。著者の小川雄平氏は、西南大学商学部教授。これが今年の19冊目。昨年の18冊を超えました。...

  • 二十三の戦争短編小説

    古山 高麗雄(フルヤマ クリオ)文春文庫P599作者が30年にわたって書き続けた短編集成。この作者は50才近くになってから小説を書き始めたようです。神経的な興奮のない、安定したリアリティのある叙述は、そういうところからもきているのかもしれません。作者の日常を描いた私小説風の作品もあって、それはそれで面白かったです。...

  • フーコン戦記 (2)

    話は突然変わりますが、主人公のスケベさ、いいですねえ。戦争未亡人と知り合い、菊兵団がフーコンでたどった道筋を地図でたどりながら、主人公辰平の戦いを振り返るというのがこの作品の基本的な骨組みですが、二人が地図づくりを進めるにつれて、辰平の未亡人への関心が高まっていきます。それが辰平の一方的な思いであるのかどうかは、相手の思いが書かれていないのでわかりませんが、スケベさはなかなかリアリティがあって、い...

  • フーコン戦記 (1)

    古山 高麗雄(フルヤマ クリオ)戦争文学三部作-3文春文庫P413三部作の最後の作品。最初の「断作戦」では、龍兵団2600名中、わずか30人が生き延びた騰越守備隊の玉砕の様子を、次の「龍陵会戦」では、作者自身がその一員であった勇兵団の戦いを、そしてこの作品では、菊兵団によるフーコン谷地での戦いを描いています。戦いといっても、兵力・物資とも圧倒的に劣勢だった日本軍は、九州の広さのフーコン地域をただただ敗走しなが...

  • 第3クール途中の成績

    第31節終了時点の成績札幌と山形は一試合少ない(9/14実施予定)01 京都 勝点68 21勝 05分 05敗 得点58 失点31 差+2702 福岡 勝点54 14勝 12分 05敗 得点46 失点29 差+1703 甲府 勝点47 13勝 08分 10敗 得点53 失点43 差+1004 札幌 勝点46 13勝 07分 10敗 得点35 失点33 差+0205 山形 勝点44 10勝 14分 06敗 得点37 失点26 差+1106 仙台 勝点41 11勝 08分 12敗 得点45 失点37 差+...

  • ランド・オブ・ザ・デッド

    ゾンビ映画の創始者にして巨匠ジョージ・A・ロメロ監督自らによる決定版。という触れ込みだけど、この監督の映画を見るのははじめてでした。ゾンビ映画というのは怖い映画かと思っていたけれど、そうでもないんですね。グロテスクはグロテスクだけど、目を背けるほどのことはない。もちろん現実にそんなシーン見たら卒倒ものですけど、まあ映画ですから。人間を食べるシーンが多数あるんだけど、日本の生け簀料理とか見たらもっと...

  • 第31節 福岡 3-0 横浜

    16,280人という今季最高の観客を集めた博多の森。昨年12月4日の柏レイソルとの入れ替え戦が20,522人で、J2に落ちてから最高の入りだったと思うけれども、それに続く動員数の筈。第27節の京都戦でも13,348人だった。雨模様でなければ、もっと増えたでしょう。これはやっぱりカズのおかげで、さすがにキングと呼ばれた選手ですね。その彼に一本のシュートも打たせないで3-0の快勝。まあ前半はグダグダだったらしいけど、勝ったからい...

  • スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

    スターウォーズ・シリーズ全7作の最終作品。最初の作品が1977年だから、28年にわたって撮り続けられた壮大なSF映画ということになります。考えたらすごい話だなあ。まあ1961年からはじまって日本でも300巻以上が出版され、今後いつ終わるか誰もわからないという宇宙最長のSF小説「ペリーローダン・シリーズ」(ドイツ語原作はその4倍の長さで、現在も毎週出版されているという)に較べればかわいいものではありますが。(まさ...

  • デザイン変更

    というわけでデザインを変えてみました。デーマは、なるべくシンプルに。サイドのコンテンツ欄は便利なんだけど、見た目がうるさく感じられるんですね。それで、Back Number and Linksで別の画面にまとめてみました。たしか去年の10月頃にデザインを変えたので、だいたい1年で飽きがくるということだなあ。...

  • 台風が過ぎて

    ここしばらく更新意欲が著しく減退して、アビスパの勝敗を書くのですら滞っていましたが、そのあいだ映画も本もあまり関心なくて、ではなにをしていたかというと、あまり思い出せないくらいぼんやりと過ごしていたような気がします。仕事が忙しかったかというと、あまりそうでもないし。年に何回かそういう時期がありますね。台風が過ぎ去ったせいか、今年前半の大きな事業が近づいてきたせいか、気持ちがだんだん復活してきた気配...

  • 日本代表 5-4 ホンジュラス

    得点:高原、柳沢、中村、柳沢、小笠原まあ親善試合だから期待してないといいながらも、観ているうちにやっぱりガンバレという気になるのが代表の試合。唖然とするほど見事な得点を前半早々2度も決められたときには、いったいどうなることやらと思ったけど、その後の展開もまったく予想できない荒れた試合。あわせて9点という、こんなに点がボカスカ入る試合はサッカーではめったにお目にかかれないので、ファンはさぞ嬉しかっただ...

  • 第30節 鳥栖 1-1 福岡

    9/4の試合。「電車でGO! 2」の日でしたが、私は行けませんでした。雨の中参加された皆さんご苦労さんでした。ダービーは鳥栖が頑張り引き分け。う~ん。3位の札幌との勝点差は5。札幌は試合数が1試合少ないので、実質的な差は2と考えた方が良い。ちょっと嫌だな。次節はホームで横浜。その次が、その札幌とアウェイで対戦。その次が4位甲府と博多の森で。重要な戦いが続くが、連勝して一気に突き放したいところだ。...

  • 第29節 福岡 1-0 草津

    8/31の試合。夏休み最後の日。残念ながら、博多の森にはいけませんでいsた後半36分千代反田の得点で辛勝。まさか最下位の草津に負けるわけにはいきませんからね。...