トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
14位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

2005年05月のエントリー一覧

  • キリンカップ 日本 0-1 UAE

    5月27日の試合。久しぶりに代表の試合を見ました。ゴール・チャンスには必ず絡んでくる大黒、それを演出する小野。この2人は見ていて楽しかった。でも、このチーム、強そうには見えないなあ。双方のチーム力はほぼ同等に感じられました。スピード感はUAEの方が上かな。J2上位のチームなら、今の日本代表を破るのはそう難しくないのでは。観客席では大勢の若い女性ファンが楽しそうに応援してるのが映ってました。ヌルすぎるとい...

  • 第14節 福岡 2-1 仙台

    第07節 横浜 ○ 1-0(H)第08節 札幌 △ 1-1(A)  第09節 京都 △ 0-0(H)第10節 甲府 ● 0-1(A)第11節 徳島 △ 2-2(A)第12節 山形 △ 0-0(H)第13節 横浜 △ 1-1(A)第14節 仙台 ○ 2-1(H)久々の勝利で3位浮上。仙台は今のうちに叩けるだけ叩いておかないと。...

  • 第13節 横浜 1-1 福岡

    第07節 横浜 ○ 1-0(H)第08節 札幌 △ 1-1(A)  第09節 京都 △ 0-0(H)第10節 甲府 ● 0-1(A)第11節 徳島 △ 2-2(A)第12節 山形 △ 0-0(H)第13節 横浜 △ 1-1(A)5月21日の試合。更新が滞ってますナ。鳥栖、2位躍進。3位山形。福岡は4位に転落。...

  • 断想 2

    若い頃というのは、どうしても、こうしたひとつひとつの事柄から目をそらしてしまいがちです。それよりも、将来のどこかに、ある実現可能性を思い描き、その中に浸ってしまって、あたかもそうすることによって、その可能性が現実のものとなってくれる、そんなことはありえないんですが、そういう行動をとりがちです。大切なのは今現在であり、自分が自分に提起した可能性を、単なる可能性から現実のものとするためには、眼の前のひ...

  • 断想 1

    いろいろな問題があって、ひとつひとつそれを片づけていく、その連続がわれわれの毎日だと思います。ひとつ片づければひとつ減って、しまいには問題が無くなってしまうかというと、そうではありません。片づけた先には別の問題が発生し、それも一つや二つではなくて、一挙に三つも四つも起こってくる、そういうことだってあるでしょう。また、まったく予期しない方面から、新たな問題が襲ってくることもあるかもしれません。ここで...

  • 第5回介護保険全国サミットinおばなざわ2004 他

    第5回介護保険全国サミットinおばなざわ2004-地域主体による介護保険制度の見直し-記録集発行:第5回介護保険全国サミットinおばなざわ実行委員会事務局p231平成16年10月21日-22日、山形県尾花沢市で開催された会議の報告書。高齢社会に関するグローバル・パートナーシップ推進事業報告書-平成16年度-内閣府/宮城県・仙台市・高齢社会NGO連絡協議会発行:社団法人エイジング総合研究センターp156平成16年11月22-23日、...

  • ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

    おもしろい映画です。たくさん笑わせてもらいました。いいデキの映画ではないでしょうか。でも、どうもイマイチしっくりこないんだなあ。なんだか不満が残りました。その理由はなんだろうと考えていたんですが、たぶんこういうことだと思います。もともと主人公のブリジット・ジョーンズは、30過ぎの独身女で、酒とタバコで太り放題の毎日。彼氏もいない。仕事もヘマばかり。でもプライドは人一倍。いってみれば、そこらへんにいる...

  • 寺田寅彦

    寺田 寅彦読書計画実施報告10 2005年5月ちくま日本文学全集035宣言した読書計画、前の大岡昇平が2月だったから2ヶ月空きました。アビスパの不調は約束を破ったせいかもしれない。う~む。寺田寅彦。夏目漱石の弟子で、物理学者ということだけは知っていました。理知的で啓発的な作品を書く人、面白くないだろうなあという先入観があったんですが、冒頭の「団栗」というエッセイを読んでイメージがかわりました。ああ、こういう哀...

  • 第12節 福岡 0-0 山形

    第01節 鳥栖 △ 1-1(A)第02節 水戸 ○ 4-1(H)第03節 仙台 ○ 2-0(A)第04節 湘南 △ 0-0(H)第05節 山形 △ 0-0(A)第06節 草津 ○ 4-2(H)第07節 横浜 ○ 1-0(H)第08節 札幌 △ 1-1(A)  第09節 京都 △ 0-0(H)第10節 甲府 ● 0-1(A)第11節 徳島 △ 2-2(A)第12節 山形 △ 0-0(H)勝点で鳥栖に並ばれた。鳥栖は怖いなあ。第13節 横浜(A)第14節 仙台(H)第15節 湘南(A) 第16節 京都(A) 第17節 札幌(H)第18節 水戸(A) 第...

  • 龍陵会戦

    古山 高麗雄(フルヤマ クリオ)戦争文学三部作-2文春文庫P4097年前、仕事でミャンマーに行ったことがあります。海外はその時が初めてです。ミャンマーといえば、昔のビルマですね。ビルマといえば、「ビルマの竪琴」中井貴一主演の映画がありましたね。1956年版のリメイクですが。どちらも市川崑監督です。内容は、第二次世界大戦のとき、一人の日本軍兵士(水島上等兵)が、戦死者を弔うために坊さんになり、日本に帰ろうとい...

  • 第11節 徳島2-2福岡

    第01節 鳥栖 △ 1-1(A)第02節 水戸 ○ 4-1(H)第03節 仙台 ○ 2-0(A)第04節 湘南 △ 0-0(H)第05節 山形 △ 0-0(A)第06節 草津 ○ 4-2(H)第07節 横浜 ○ 1-0(H)第08節 札幌 △ 1-1(A)  第09節 京都 △ 0-0(H)第10節 甲府 ● 0-1(A)第11節 徳島 △ 2-2(A)引き分けですか…。点が取れたと思ったら、後半41分、GK水谷のミス(らしい。未見)で失点。札幌戦でも、最後の最後で追いつかれているけど、この2試合で勝点4を失った...

  • 第10節 甲府1-0福岡

    第01節 鳥栖 △ 1-1(A)第02節 水戸 ○ 4-1(H)第03節 仙台 ○ 2-0(A)第04節 湘南 △ 0-0(H)第05節 山形 △ 0-0(A)第06節 草津 ○ 4-2(H)第07節 横浜 ○ 1-0(H)第08節 札幌 △ 1-1(A)  第09節 京都 △ 0-0(H)第10節 甲府 ● 0-1(A)ついに黒星。点がとれんの~。3位転落かと思ったら、かろうじて2位キープ。しかし、下との差がだいぶつまってきた。アビスパ勝点17で、山形、湘南が16、甲府、鳥栖15。鳥栖の健闘が光る。京...

  • オペラ座の怪人

    いや、映画がどうのこうのではなくて、クリスティーヌ役のエミー・ロッサムにやられてしまいました。すごく美人で可憐。ここ数年こんな美しい女優をみたことはありません。代役を命じられて歌う最初の歌「Think of Me」で、突如、映画の主役として登場するわけですが、このときの圧倒的な歌声、魔法のような美声は、あの劇場で聴いている観客とともにブラボーと叫びたくなるほど魅力的です。清純な歌姫とし登場した彼女ですが、フ...

  • Shall we Dance?

    オリジナルの「Shall we ダンス?」では、役所広司は中年の実直なサラリーマンという役柄でしたが、アメリカ版の主人公リチャード・ギアは弁護士です。二人とも電車通勤で、途中で見かけた社交ダンス・スクールの窓にたたずむ女性の姿が、ダンスを始めるきっかけになるのですが、冒頭から、映画の雰囲気はだいぶ違いますね。役所広司の方は、生活感がありあり。これはまあ同じ日本人だからなおさら感じるんでしょうが。電車通勤は...

  • 金子光晴詩集

    金子 光晴清岡 卓行編岩波文庫 p483金子光晴は「ちくま日本文学全集」ではじめて出会った詩人です。普通、詩などはあまり読まないのですが、金子光晴と宮沢賢治、それに石川啄木、この3人はすごいと思います。というか、読んでみて「分かる」というか「面白い」というか、これまでそう感じたのがこの3人だけで、あとの人たちのは、なんかよくわからん。短歌とか、俳句とかも含めてそうです。そういえば、この3人の詩人、いずれ...

  • チャリティ・イベント

    福岡は博多どんたく開幕です。昨日からすこし雨気味ですが、まあこれは毎年のこと。気になっているのが、まちのあちこちで見かける黄色いイモムシみたいな人形。なんでしょうかね、あれ。「元気バイ、フクオカ」のキャンペーンの一環なんでしょうが。なんだかダサくてイヤだ。「元気バイ、フクオカ」というスローガンも、「頑張ろう神戸」の二番煎じだし。きっとどっかの広告代理店から持ち込まれた企画に安易に飛びついたんだろう...